月の道を使用した俳句

月の道に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

月の道を含む俳句例

父恋へば補陀落の径月の道/春樹

三方へ三人が別る月の道/茂里正治

山鳩の塒うしなう月の道/赤尾兜子

人声の遠きはやさし月の道/茂里正治

大いなる月の道あり家の前/後藤夜半

月の道虎杖われに錯綜す/金箱戈止夫

森ぬけて俥は小函月の道/赤松けい子

森を出て花嫁来るよ月の道/川端茅舎

白轢の倒れ木もある月の道/野村泊月

それとなく老後を語り月の道/松尾緑富

月の道大きな石に見えにけり/後藤夜半

月の道大大阪のうちとかや/五十嵐播水

月の道蟲の道わが家白く立つ/相馬遷子

村を出て野を抜け村へ月の道/茂里正治

それぞれに歩幅さだまり月の道/木下夕爾

やらはれし鬼どもとゆく月の道/佐野美智

大根馬引き入れ月の道なりけり/近藤一鴻

月の道はるかより人こちへ来る/高浜年尾

月の道まつりの注連を綯ひに行く/大串章

よこぎりて消えはりねずみ月の道/小池文子

俳句例:21句目~

山の子の持てる燈りや月の道/阿部みどり女

徐々にして稲田に月の道敷かれ/能村登四郎

暗がりを出て来し人や月の道/阿部みどり女

末枯れてゐることしるく月の道/波多野爽波

まっすぐに月の道降りるなめくじ/おおしろ建

月の道くらきところのつゞきけり/楠目橙黄子

月の道砥のごと非情なりし者へ非情/香西照雄

タイトルとURLをコピーしました