花瓶を使用した俳句

花瓶に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

花瓶を含む俳句例

師の温情花瓶の椿一輪と/瀧春一

朱硯へ花瓶の水や冬籠/会津八一

百姓に花瓶売りけり今朝の冬/蕪村

芒さす花瓶の細身十三夜/羽部洞然

蝉の窓朝の花瓶の水にごる/桂信子

雷や玻璃戸の中の大花瓶/高濱年尾

あたらしき花瓶の重さ雪柳/中鳥菖子

これはまた花瓶の下も落椿/吉屋信子

七宝の花瓶に活けし牡丹哉/正岡子規

月に棄つ花瓶の水の青みどろ/渋谷道

赤更けし踊り場に大花瓶とは/中田剛

隙間なく花を花瓶に盆迎ふ/荒井英子

麦の穂を挿しある銀の花瓶かな/篠原

冷やかやほの明りさす空花瓶/臼田亜浪

大毛蓼花瓶にありて結びし実/田子六華

新涼や素肌といふは花瓶にも/鷹羽狩行

水減りし阪神大震災忌の花瓶/森田智子

炎天を戻り花瓶の水を替ふ/片山由美子

芒のみあふれてゐたる花瓶かな/中田剛

古書店の鉄の花瓶に今朝紫苑/小田切輝雄

俳句例:21句目~

寒夜とは花なき花瓶しづもりぬ/中村明子

春燈下花瓶は影をおきまどふ/五十嵐播水

脚の骨うづく花瓶のあやめ咲く/瀧井孝作

花瓶や活けかへられて秋の草/岡本癖三酔

世阿弥忌の花なき花瓶置いてある/藤岡筑邨

抜き捨ててあらたなる百合挿す花瓶/中田剛

糸すゝき涼しき夜の花瓶かな/長谷川かな女

もとの位置にピアノと花瓶あたたかし/伊藤いと子

タイトルとURLをコピーしました