波荒れを使用した俳句

波荒れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波荒れを含む俳句例

波荒き襟裳岬や鳥渡る/中川水歩

波荒れて鰰漁の活気づく/若狭得自

流氷や宗谷の門波荒れやまず/誓子

言問橋川波荒るる十二月/高橋良子

午後よりは磯波荒し富士薊/道川虹洋

掛け時計冬波荒るゝ船中に/右城暮石

春寒の安宅の関の波荒し/守岡千代子

母子草浦波荒びそめにけり/黒川龍吾

水鳥に夕波荒くなりて来し/浜田一枝

波荒るゝ入江の月の千鳥哉/正岡子規

波荒れて悲しき星の別かな/野村泊月

湖のけふ波荒し遅ざくら/豊田八重子

燦然と波荒るゝなり浮寝鳥/芝不器男

燦爛と波荒るゝなり浮寝鳥/芝不器男

白鳥に夕波荒くなりにけり/奥田紫峰

凧の尾に相模の海の波荒ぶ/市川東子房

成人の日の昏れぎはの波荒ぶ/館岡沙緻

昆布育つ海といふ波荒きかな/川口咲子

波荒れてゆらぐ利島や冬苺/水原秋桜子

米山の霞める今日も波荒し/堀前小木菟

俳句例:21句目~

卯波荒れ海鳴近き夜なりけり/松本穣葉子

波荒し月見の舟は出せぬとか/中井余花朗

波荒ぶ日はそら豆を海女が摘む/久保乙秋

海猫と鵜の島を二つに波荒るる/高橋良子

ご神事の和布刈に門波荒れやまず/西村草生

日本海の波荒き日も枇杷ちぎり/鈴鹿野風呂

早稲の香やはや波荒き能登の海/村田よう子

最果て夏どの過去よりも波荒く/山本つぼみ

タイトルとURLをコピーしました