物見を使用した俳句

物見に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

物見を含む俳句例

寒釣や物見鴉の岩移り/平子公一

冬枯や張物見ゆる裏田圃/正岡子規

孫共か物見に來るよ魂祭/正岡子規

木下闇に砦見下す物見哉/正岡子規

若菜売る翁物見へ召されけり/几董

風蘭の物見を雨に先送り/高澤良一

七夕の牧を見おろす物見岩/大島民郎

二月や物見車をつくろはん/正岡子規

初花や物見車をつくろはん/正岡子規

夏山に敵の城見る物見かな/正岡子規

夕涼み物見の松に上りけり/正岡子規

小綬鶏や物見櫓は靄に泛き/児玉道子

山火燃ゆ物見の松と昔より/福田蓼汀

秋晴て物見に近し秋の不二/正岡子規

菜の花や物見に上る姫御前/正岡子規

蜥蜴這ふ遺跡の物見櫓かな/山本麓潮

今にある熊坂物見夏木立/菅原師竹句集

冬鳩の物見の兵のごとく翔つ/平井照敏

早稲案山子物見の如く柳生口/今村泗水

桐一葉物見遊山に日の照りぬ/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

むら尾花物見やしきの跡古りぬ/正岡子規

探い物見つからぬまま二月果つ/森口慶子

花はあつてない物見せう吉野山/井原西鶴

きみ火をたけよき物見せん雪丸げ/松尾芭蕉

ひつかちの物見よろしく来る頃ぞ/安東次男

百間の物見明けり時鳥/一茶/文政元年戊寅

帷子を着る日だになく老にけり/玉珂「物見塚記」

陽炎〔や〕道灌どのゝ物見塚/一茶/文化八年辛未

タイトルとURLをコピーしました