聖歌(隊)を使用した俳句

聖歌(隊)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

聖歌(隊)を含む俳句例

冬菊や隣へ慰問聖歌隊/石田波郷

夏爐焚き公教聖歌の樂流る/及川貞

風花に聖歌まぎるる濤の町/河内静

涸れ河へ白木蓮の聖歌隊/田川飛旅子

聖歌隊息の露けくみな若し/内藤吐天

聖歌隊悪人面もをりにけり/西村和子

聖歌隊解かれて処女柿噛る/津田清子

はや聖歌ながす神戸の毛皮店/大島民郎

グレゴリオ聖歌の坂の花林檎/石原八束

枯木星この世の聖歌起りけり/木下夕爾

椅子ごとに置く聖歌集金木犀/宮脇白夜

神を讃ふ寒夜五人の聖歌隊/田川飛旅子

聖歌中勇気もて炉の灰おとす/津田清子

聖歌隊吾子を交へて息白し/冨田みのる

聖歌隊霧滲む灯をひとつづつ/堀口星眠

聖歌隊青芭蕉群照らし過ぐ/大澤ひろし

ひとすぢの声麗はしき聖歌かな/松岡/潔

聖夜には聖歌一路をたどりつつ/友岡子郷

聖歌彌撒に汝が声を聴く秋冷か/内藤吐天

聖歌隊一斉に立つ死ぬごとく/小川双々子

俳句例:21句目~

聖歌飢を打ちては戻る松の花/加藤知世子

青畝忌の街に聖歌の流れけり/由木みのる

グレゴリオ聖歌涼しき無伴奏/野見山ひふみ

緑さす階聖歌隊昇らしめ/石田波郷「春嵐」

聖歌果てし街は汽笛の雪こだま/加藤知世子

うろ覚えの聖歌ミッションスクール出/高澤良一

いまだ暗き世紀に生くる吐息とも祈りは長しグレゴリオ聖歌/近藤芳美

タイトルとURLをコピーしました