金髪を使用した俳句

金髪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

金髪を含む俳句例

金髪の女眩しき巴里祭/加藤節雄

卒業の金髪少女日本の名/沢木欣一

秋祭金髪の子を捧げ行く/藤田湘子

金髪の女水兵ペリー祭/平田マサ子

金髪の娘を先導に荒神輿/栗山妙子

人中に春立つ金髪乙女ゆき/野澤節子

初稽古の防具の金髪国際校/伊丹公子

巣燕仰ぐ金髪汝も日本の子/古沢太穂

御来光いま金髪をかゞやかす/森田峠

炎だな寒土にきみの金髪は/山岸竜治

爆音や雪を噛みゐて金髪児/小池文子

足長の金髪少女苗木撰る/北市都黄男

金髪にして桃色の毛絲編む/京極杞陽

金髪の両肩濡れぬ燈の瀧に/古舘曹人

朴落葉いつより老いし金髪ぞ/堀口星眠

金髪に染めてみやうか春告鳥/森川恭衣

金髪のこゑ澄みうたふ雪の昼/堀口星眠

金髪の如く美し木の芽伸ぶ/阿波野青畝

金髪の抜毛が櫛に水冷たし/田川飛旅子

春愁の吾児金髪を欲しと言ふ/村中千穂子

俳句例:21句目~

金髪のごとく美し木の芽仲ぶ/阿波野青畝

金髪のたつのおとしご巴里祭/中村草田男

靡く金髪溶ける金髪乗馬クラブ/伊丹公子

鋭利な混血金髪アボリジニ暮れる/伊丹公子

月を来し弥撒のヴェールの下金髪/中戸川朝人

金髪に染め帰途は黒恋い雪積む樹々/寺田京子

金髪の児の胸白きカーネーシヨン/星野麦丘人

金髪は一代にして一夜の茜うぐひす/加藤郁乎

タイトルとURLをコピーしました