ルオーを使用した俳句

ルオーに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ルオーを含む俳句例

ルオーの絵貼る百姓家薬喰/藤田湘子

子と寝落つ秋のルオーの森ぬけて/原裕

晴れた日のルオーの黒と喉湿布/徳弘純

烏瓜のやうなルオーの月のぼる/石寒太

金雀枝や壁のルオーの痩聖者/宮坂静生

春月のいつかルオーの聖女かな/平井照敏

爛々と二月の夕陽ルオー死す/文挟夫佐恵

稲妻の最中に訪はれルオーの論/加藤楸邨

踏むならばルオーの蒼き基督を/永島靖子

さくらんぼルオーの昏きをんなたち/石寒太

ルオーの王のごとき農夫や晩稲刈/草間時彦

ルオーの絵一枚ほしき春炉の上/後藤比奈夫

ルオーの黒佐伯の黒や冬立てり/伊丹さち子

冬の終りルオーのやうな哀しさで/佐藤鬼房

友来たる花はなければルオーの絵/原子公平

末枯れて朱焔の日ありルオー展/水原秋櫻子

蔦茂る酒場にルオーのキリストが/川崎展宏

凧の絵にルオーのキリスト描かばや/山口青邨

夕百舌やかがやくルオー観て来たり/小池文子

寒木を挽く音ルオーの絵にある音/加倉井秋を

俳句例:21句目~

田螺鳴くルオーの日いま宙にあり/千代田葛彦

落葉焚く浮浪児にルオーの太陽なし/細見綾子

逝きしルオーの絵と思ひまた長く佇つ/桂信子

雪の日のルオーの原色チンドン屋/加藤知世子

ルオーの絵見しよりオーバー重たしや/石谷秀子

ルオー描かば明るしや「杭ある冬の庭」/加藤知世子

タイトルとURLをコピーしました