山水を使用した俳句

山水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山水を含む俳句例

山水やまだ初秋の香散/句空

古町の簷の山水秋の蝶/松村蒼石

源流は共有の山水温む/右城順一

屋根替や山水軒に迸り/富安風生

山水の涸れ~ながら玉走る/王城

体内も枯山水の微光かな/橋間石

山水をかけし漆の祭笛/平畑静塔

切口にすぐ山水や菖蒲引/飴山實

寒葵枯山水の片隅に/小宮山政子

山水の音に四五人夏椿/岡井省二

花楓枯山水に風抜けて/兜木總一

蜩や山水を引く山の坊/加古宗也

蝉銜へ枯山水を猫通る/関森勝夫

阿彌陀経山水鳥語蓬餅/黒田杏子

ありありと童子山水初暦/斉藤夏風

大比叡の山水賜ひ作り滝/牧野春駒

山水に竜胆涵り風雨やむ/飯田蛇笏

ゆく年を惜しむ長巻山水図/森澄雄

山水の減るほど減りて氷かな/蕪村

枯山水巌顱頂に露を置き/高澤良一

俳句例:21句目~

山水のつまづく音や秋隣/石田勝彦

山水を裏から眺め扇風機/永末恵子

山水の寺を貫き富貴草/大木あまり

茸山水分神を祀りけり/中戸川朝人

田楽や山水走る妻の里/肥田埜勝美

紅葉山水先立てて人帰る/廣瀬直人

絨毯の山水渉る冬至の日/原田青児

耳の裏枯山水の奔り去る/巌谷小波

草虱暮れてゆく山水になる/松澤昭

襖絵の山水を吹き盆の風/館岡沙緻

山水に射られ五月の郵便夫/宮坂静生

水芭蕉山水くびれ流れけり/高澤良一

山水の迅きに洗ふ硯かな/大橋越央子

山水のいよいよ清し花曇り/飯田蛇笏

あつめたる山水鳴らし冬菜洗ふ/楸邨

枯山水の石に紛るる秋の蝶/関森勝夫

村なかを山水奔る花すもも/荒井正隆

山水のたたまれてゆく秋扇/西宮陽子

火祭や山水闇にほとばしり/富安風生

朝寒の山水満つる木賊かな/中島月笠

俳句例:41句目~

山水のはや力抜き初紅葉/内山せつ子

山水のひゞかふ町は辛夷どき/飴山實

昼寝覚め枯山水をのぼる猫/川崎展宏

山水は澄み残心の梅の白/櫛原希伊子

山水の迅きに負けず菜を洗ふ/大串章

打水や端から乾く枯山水/酒向香代子

滝へ行く山水迅き通草かな/山口冬男

ほとばしりいづ山水や厚氷/松村蒼石

山水の新鋭そそぐ冷し瓜/上田五千石

山水を引くこころあり冬籠/斉藤夏風

初明り三島大社の枯山水/柴山つぐ子

天ぐさを洗ふ山水葭打てる/田中冬二

糸蜻蛉山水影をとどめざる/根岸善雄

山水や鴨の羽いろにながれこむ/乙二

寒禽に山水音を断ちにけり/渡辺大年

対峙して枯山水の寒暮なり/鈴木鷹夫

花寂びて日月山水屏風かな/長谷川櫂

小鳥来て枯山水のお庭なる/谷口忠男

田の跡を残す山水桃咲けり/内田芳子

沙羅黄葉枯山水を明るくす/高見孝子

俳句例:61句目~

葱洗ふ山水濁りなかりけり/山口草堂

虫たべて蟇の山水呆けにけり/上村占

山水でとぐ米白し林檎の花/細見綾子

山水にさす傘や秋の雨/長谷川かな女

山水に凱歌を挙ぐる水芭蕉/高澤良一

山水に夏めく蕗の広葉かげ/飯田蛇笏

雪舟の山水のなか落葉焚く/長谷川櫂

梨剥くや山水白砂を滲み出て/香西照雄

片陰や枯山水の半分に/マブソン/青眼

もつれ行く黄蝶や枯山水の秋/川崎展宏

亀虫のはりついてゐる山水図/藺草慶子

白扇に山水くらしほととぎす/飯田蛇笏

神の山水にうつらず水草生ふ/池田菟沙

亡き母の陶枕に濃き山水図/肥田埜恵子

八十八夜過ぎ山水の腰強し/櫛原希伊子

子を連れて鴨の渉れり枯山水/星野恒彦

山水に夜を浸しある障子かな/松村蒼石

山水に蝌蚪流さるる千枚田/山口千代子

山水のゆたかにそそぐ雪の池/飯田蛇笏

苔のぬくみは男のぬくみ枯山水/桂信子

俳句例:81句目~

茶室までひびく山水/秋海棠/土田桂子

山水の一気に暮るる新松子/大澤ひろし

草夕焼山水邑を落ちゆけり/千代田葛彦

山水の色染みやすく雉子の聲/古舘曹人

山水の蕭条としてみそさゞい/田中寒楼

朗々と山水迅し谷の梅/吉武月二郎句集

山水は歯朶の下ゆき年立ちぬ/中島月笠

山水を引きしわが家の新茶召せ/安原葉

年の夜や山水と星ひびきあひ/佐野美智

走り穂や山水畦にあふれつゝ/岸風三楼

枯山水見て白息を肥しけり/百合山羽公

枯山水風化すすむる鵙のこゑ/高澤良一

鱒飼へる山水澄みて木の芽雨/内藤吐天

山水の城へひとすぢ青木の実/和田ゑい子

硯洗ふやりんりんと鳴る山水に/新田/豊

山水繚乱たり新芋生れけり/長谷川零餘子

突つぱつて走る山水五月来ぬ/鈴木真砂女

山水の町をつらぬくあきつかな/大嶽青児

山水のひゞく紫白のあやめかな/日野草城

山水の切れず凍らず紙漉ける/百合山羽公

タイトルとURLをコピーしました