大鴉を使用した俳句

大鴉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大鴉を含む俳句例

夕焼や芒野を渡る大鴉/内田百間

大鴉姿くらます花の奥/高澤良一

太陽へ枯芦をたつ大鴉/佐野美智

木食の僧をさいなむ大鴉/仁平勝

炎天の群蝶を喰ふ大鴉/石原八束

熟柿魂毎日喰ひて大鴉/沼尻玲子

嘴あけて歩く極暑の大鴉/大西一冬

数へ日の紺の山より大鴉/広瀬直人

晩年の乳房を見たる大鴉/井沢唯夫

梅雨出水人群れ頭上大鴉/細見綾子

片羽垂れ秋末法の大鴉/小松崎爽青

葉桜や屋根より下りて大鴉/浩山人

唐黍をつかみてゆるる大鴉/飯田蛇笏

喉仏ずりあげて鳴く大鴉/岸本マチ子

大年のなにふれ歩く大鴉/石田あき子

大鴉天城へとんで伊豆の春/細見綾子

大鴉花野の果にひるがへり/高橋馬相

杉の花けぶるを翔ちて大鴉/佐野美智

牡丹まで一歩残せり大鴉/小泉八重子

田水沸く札所の村の大鴉/大峯あきら

俳句例:21句目~

雪解水田にあふれをり大鴉/巌谷小波

駈けり来し大烏蝶曼珠沙華/高浜虚子

かげろふのむかふにあそぶ大鴉/秦夕美

大鴉一樹に一羽彼岸墓地/阿部みどり女

大鴉稲架組みし野をただ一過/原子公平

大がらす青葉照りこむ遅速感/河野多希女

枕頭の干潟にしやがみ大がらす/加藤郁乎

水を飲む大鴉たつドグイの芽/長谷川かな女

大鴉影もみだれてとびにけりー江上にしてその聲あはれ/三好達治

タイトルとURLをコピーしました