瞑想を使用した俳句

瞑想に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

瞑想を含む俳句例

赤えいの瞑想感覚尊けれ/安西篤

瞑想の鼾に覚めて春炬燵/小出秋光

耳たぶの血色ぞすきて瞑想す/篠原

恋猫は日に膨らめる瞑想家/高澤良一

瞑想のヨガ道場に春日差す/河内久美

瞑想によき葉桜のドームかな/河村啓花

瞑想のそろそろ終る蟇一歩/山元志津香

瞑想の形でゆれている枯葉/碓井のぼる

籐寝椅子瞑想録をかたはらに/長谷川櫂

花疲れ瞑想のごと眼をつむる/冨岡梧桐

瞑想の案山子を解くは闇がよし/星野思抱

禽嚥んでふくろふのまた瞑想す/鈴木貞雄

花馬酔木われ瞑想の椅子の欲し/小宮山勇

象の眼は瞑想リンゴ食むときも/和田知子

ゴムの木瞑想白鳥は去り人は歩き/高野ムツオ

フォロ/ロマーノでの瞑想姿勢白色の黄色の/伊丹三樹彦

地下鉄に瞑想りをればアマゾンの大逆流ふいにわが胸奔る/影山一男

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました