枝打ちを使用した俳句

枝打ちに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

枝打ちを含む俳句例

寒椿竹の枝打つ音すなり/龍太

枝打ちの猿渡りす秋の風/龍太

枝打の一打一打に空動く/山田節子

枝打の切落したる当尾道/斎藤美規

寒木が枝打ち鳴らす犬の恋/西東三鬼

杉山にたつ雪げむり枝打か/亀井糸游

枝打ちて寒の杉山匂ひけり/田中浩子

枝打ちの梯子に岡部清次郎/鈴木鷹夫

枝打ちの谺返しに始まりぬ/石田郷子

枝打の足が梯子を探しをる/吉沼等外

さはやかに枝うち落す檜の香/木津柳芽

年移る杉の枝打ちせしままに/岡井省二

枝打ちの梯子残して山眠る/冨田みのる

枝打ちの谺小さく日の澄めり/松村蒼石

枝打ちの音谺して底冷えす/柴田白葉女

枝打ちて墓域しばらく冬木の香/関戸靖子

枝打ちの枝が湧きては落ちてくる/飴山實

枝打つて斜めに飛びし実梅かな/岸本尚毅

枝打つて隣へ声を近くせり/うまきいつこ

枝打の済みし高みにゆれにゐる/松浦敬親

俳句例:21句目~

枝打の落ちてくるもの鬱金色/田川飛旅子

枝打をしたるばかりの杉立てり/右城暮石

枝打ちが下りて来ておる朧かな/森下草城子

枝打ちに行きて帰らずさくらかな/岡井省二

枝打ちの下り立てる足とんと踏む/綾部仁喜

枝打ちの済みし松山わらび摘む/河村むつ子

枝打ちの落ちてくるもの鬱金色/田川飛旅子

枝打ち鎌冬陽を曲げて横たはる/長谷川秋子

タイトルとURLをコピーしました