嫁入りを使用した俳句

嫁入りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

嫁入りを含む俳句例

嫁入せし娘も多し御忌詣/炭太祇

嫁入の歩で吹かるる霰かな/去来

狐嫁入るかと仰ぐ一の午/千原叡子

朧夜や狐嫁入なんどする/寺田寅彦

初牛や嫁入したるまな娘/正岡子規

花の旅吉野の狐嫁入りす/稲畑汀子

朧夜やお小夜狐は嫁入す/寺田寅彦

嫁入の行列囃せ鳴子引け/島田青峰

嫁入の門も過ぎけり鉢たたき/許六

日や雨や狐嫁入る村紅葉/幸田露伴

嫁入や風速計に南風遊び/吉田忠一

山里や嫁入しぐるゝ馬の上/正岡子規

馬に乘る嫁入見たり年の暮/正岡子規

嫁入の翌を思ひつゝ砧うつ/正岡子規

嫁入や月夜に白き飛騨の山/三好達治

嫁入りの守り刀を鍛冶始/鈴木千恵子

上ミ京の花菜漬屋に嫁入りし/高浜虚子

嫁入りの荷物を担ぐ梅日和/針ヶ谷隆一

新松子濡れて狐の嫁入りぞ/佐々木六戈

嫁入りと見ゆる狐火往き戻り/宮本旅川

俳句例:21句目~

狐の嫁入り囃し立て夏休み/東浦津也子

嫁入りて今年植ゑけり隣の田/正岡子規

くちびるは嫁入り道具春逝けり/櫂未知子

暮かぬる門や嫁入のざんざめく/尾崎紅葉

母乗りし嫁入り駕籠や鳥渡る/瀧澤伊代次

狐の嫁入り虹を峠に残しけり/櫛原希伊子

嫁入りの馬橇の鈴をなつかしむ/佐藤木実

嫁入りのごとくに出荷シクラメン/鈴木とき乃

娘を嫁入させて落葉掃きに出てゐる/大橋裸木

野を渡る夜叉嫁入り道具になりすまし/西川徹郎

嫁入りに涼しさだけを持たせけり/渡辺恭子「涼しさだけを」

念仏も嫁入り道具のひとつにて満月の夜の川渡り来る/寺山修司

タイトルとURLをコピーしました