酢牡蛎を使用した俳句

酢牡蛎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

酢牡蛎を含む俳句例

喉ごしの酢牡蠣三陸波濤の灯/花貫寥

酒に舌洗ひすすろひゐる酢牡蠣/上村占

酢牡蠣とろりと星座より年のこゑ/龍太

のどすぐる酢牡蠣や酒友なきもよし/筍雄

天網や母を酢牡蠣にしてしまふ/八田木枯

放埓の二日となりし酢牡蠣かな/古舘曹人

旬も旬旬の酢牡蠣に若くはなし/高澤良一

部屋割も旅二日目の酢牡蠣から/中村汀女

酢牡蠣塩梅実家の嬶座の代変り/菊池志乃

「今夜は酢牡蠣」妻の前触れ愉しけれ/林翔

ひろびろと酢牡蠣味はふ舌があり/高澤良一

喉すべる酢牡蠣冷たし職を辞す/木村里風子

舌に乗る酢牡蠣に重みありにけり/高澤良一

酔ひ早む思ひどほりの酢牡蠣なり/高澤良一

酢牡蛎あり旅の句しるすお砂焼/水原秋桜子

事無くて酢牡蠣にむせる一日かな/深見けん二

冷たさをもて滑らかに酢牡蠣かな/松根東洋城

柚子散らし酢牡蠣ほたほた旬のもの/高澤良一

酔ひ怒る加賀もゐたりし酢牡蠣かな/綾部仁喜

酢牡蛎吸ふいまこのことのほか遠し/矢崎幸枝

俳句例:21句目~

酢牡蛎喰べけむりのごとき雨に遭ふ/吉田鴻司

酢牡蠣吸ふいまこのことのほか遠し/矢崎幸枝

酢牡蠣喰べけむりのごとき雨に遭ふ/吉田鴻司

酢牡蠣食ふおのれの舌のごときもの/山本一歩

あたらしき声出すための酢牡蠣かな/能村登四郎

ともしびや酢牡蠣と噛みし柚子の種/永井東門居

タイトルとURLをコピーしました