羽衣を使用した俳句

羽衣に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

羽衣を含む俳句例

羽衣の松に番の初雀/伯井/茂

冬霞して羽衣の松の沖/大熊輝一

天人の忘れ羽衣藤の花/市橋千翔

謠初羽衣すでに半なり/正岡子規

羽衣の松玲瓏と卯波立つ/松野自得

羽衣の松に風湧く青葉潮/阿部悦子

若潮を汲む羽衣の松風に/芋川幸子

什宝に羽衣切や神うらら/富安風生

羽衣の太鼓聞えぬ春の月/正岡子規

天人の羽衣すつる羽蟻哉/正岡子規

羽衣を猩々を舞ふ金かな/野村喜舟

羽衣に桜吹きこむ舞台哉/正岡子規

羽衣の吹かれ立ちつつ薪能/坂井建

棚経や蝉の羽衣煽ぎけり/前川素泉

汐風や羽衣の松花さきぬ/正岡子規

羽衣の裾かけて月や朧なる/正岡子規

羽衣を被てより華の夜寒能/本宮鼎三

薄氷に佇ちて羽衣鶴といふ/上野好子

天上に羽衣の曲月今宵/阿部みどり女

少女には見える羽衣風さやか/河野薫

俳句例:21句目~

春雪を羽衣ほどに恵那の山/橋場きよ

紙漉くや天の羽衣より薄く/有馬朗人

羽衣の松に支へ木鳥帰る/杓谷多見夫

羽衣の滝とや白絹岩に掛け/福田蓼汀

オーロラは天の羽衣樹氷立つ/澤田緑生

羽衣か宮址に脱ぎし革コート/品川鈴子

羽衣の天女舞ひ来よ五月富士/小倉英男

山茶花や羽衣いろに紙を漉く/伊藤敬子

羽衣や雲の中ゆく爆音あり/八木三日女

羽衣を誰にとられてかゝり凧/正岡子規

羽衣能果てたる闇を落かいづ/田中英子

うつせみの羽衣の宮や神の留守/正岡子規

羽衣にうらうらとある春日かな/工藤茶亭

羽衣のごとくに瀧の吹かれをり/長谷川櫂

舞ひ呉れし羽衣のあと秋の虹/赤松ケイ子

羽衣やちきれてのこる松のつた/正岡子規

はつふゆの羽衣しんとらんちうは/依光陽子

琉金の紅の羽衣老母にゆれ/ひらきたはじむ

三日の客羽衣舞うて失せにけり/文挟夫佐恵

羽衣のやうに雲着て雪の富士/鍵和田ゆう子

俳句例:41句目~

羽衣みたいな干網野火の匂いがする/伊丹公子

家なしもせみの羽衣きる折りぞ/一茶「七番日記」

脱ぎ捨ての羽衣ばかり砂日傘/日野草城「昨日の花」

タイトルとURLをコピーしました