往生を使用した俳句

往生に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

往生を含む俳句例

花筵往生際の話など/塚本忠

往生の道炎天を貫けり/伊藤通明

朝涼の蔀戸開く往生院/宇野慂子

苔を敷き往生極楽院涼し/轡田進

落椿往生際は潔ぎよく/松田節子

仔燕に往生極楽院の天/山田みづえ

元日や微酔これ往生之心/河野静雲

往生の手形に写経法師蝉/高澤良一

荒東風や女人往生大往生/黒田杏子

往生の明日をおもへば明易き/松本丈

往生の決まりて蓮の花懶し/筑紫磐井

往生の狢をかこむ僧侶かな/石田勝彦

往生の鯉に小春の日を当てて/斎藤玄

往生際雲厚からず薄からず/栗林千津

竹煮草立ち往生の末に咲く/大石雄鬼

葱坊主往生の果て通せん坊/元橋孝之

ころり往生阿弥陀を拝す夏衣/高澤良一

初日の出喩ふ言葉も立ち往生/高澤良一

岩隠すほどの萩咲く往生寺/徳竹さかえ

穀象の一往生のありにけり/藤田あけ烏

俳句例:21句目~

立つたまま往生したき桜かな/鳴戸奈菜

立ながら往生申すかがしかな/立花北枝

彼岸には死れける往生疑ひなし/正岡子規

往生に茜さすべしかたつむり/上田五千石

往生の語をもてあそぶおでん酒/小林康治

往生をひかへこの冬あたたかし/岩城久治

往生坂上に醍醐といふさくら/木村里風子

頑なでとほしいい往生の水温み/喜谷六花

コロリ往生したいしたいと梅雨に入る/相原左義長

タイトルとURLをコピーしました