会話を使用した俳句

会話に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

会話を含む俳句例

雀らの会話はじまる初氷/平坂万桑

沈黙も会話の一部夕端居/山田弘子

枯色は会話を心易くする/山田弘子

女との会話汗ばみ花過ぎぬ/滝春一

竹落葉一会の会話続く間も/稲垣松鯉

村中が会話はづませ溝浚へ/上田雅子

息子との短き会話敬老日/山崎ひさを

一つ家に満つる会話や大福茶/林幸子

主語略す会話しばらく夏氷/谷口桂子

時の日の会話を計る砂時計/中村青径

寒紅の口許生きて来し会話/稲畑汀子

老たちの会話明るく松手入/木通佳子

藤棚の下の会話に加はりぬ/山田弘子

きさらぎや車の中の会話見え/和田悟朗

干菜汁妻との会話そつけなし/清水基吉

春宵の星に会話をつなぎをり/稲畑汀子

干菜汁妻との会話そつけなし/清水基吉

乾いた会話で内出血する劣等感/穴井太

干菜汁妻との会話そつけなし/清水基吉

仁根展カエルが会話するなり/加地英子

俳句例:21句目~

主語のなき女の会話青時雨/立花かほる

繭を干す裏も表も無き会話/猪狩セイジ

返り花女の会話また続く/鍵和田ゆう子

足袋白く人の会話の外にゐる/柳生真左子

どくだみに悪魔の会話虻とべり/片山桃史

白障子をんなの会話閉ぢ込める/渡辺祥子

噛み合はぬ会話や杉の花咲いて/奥名春江

オーロラは高度な会話可能なり/羽石イミ

父と子の短かき会話亀鳴けり/山崎千代子

冬ぬくしピアスの光る会話かな/菊谷ミツ

冬木立抜けきて会話濃くなれり/村松壽幸

過去未来触れぬ会話や夜半の春/谷口桂子

陽だまりに小鳥を移す母子の会話/穴井太

並走車の会話とび込み雲の峰/平井さち子

湯豆腐やをとこの会話つながらず/橋本榮治

絶え間なき親子の会話蚯蚓鳴く/平垣恵美子

ふと会話途切れ身に入む夕べかな/稲畑汀子

会話なき空間に薔薇活けにけり/小原つる子

口遅き児との会話ののどかなる/小松崎爽青

言い訳の会話とぎれず夜の長き/平野みよ子

俳句例:41句目~

立食の会話イタリアンパセリより/平田笙子

想ひ出はひとりの会話あしび咲く/角川照子

日傘して母子の会話かこひたり/上田日差子

障子貼る妻との会話さかのぼる/軽部烏頭子

湯豆腐やをとこの会話つながらず/橋本榮治

雲と風の会話銀杏の葉が降るよ/猿橋統流子

露地いっぱいに秋空填まり鶏の会話/穴井太

会話にも屏風立てられをりにけり/稲畑廣太郎

木の実独楽父子の会話のまた弾む/斎藤ひろし

パパイヤ熟れ母子の会話海より来/岸本マチ子

トラックよりも淋しい会話春落葉/八木原祐計

シクラメン居間の会話を知りつくす/山田重子

砂糖こぼすきらきら冬の会話の間/篠崎あかね

これよりはビヤガーデンでする会話/稲畑廣太郎

ふらここの会話あかるくすれ違う/ひねのひかる

ひらがなの会話主婦らに薔薇芽張る/鈴木蚊都夫

ヴァレンタインデーの会話として聞けば/稲畑汀子

ヴァレンタインデーの会話として聞けば/稲畑汀子

ヴァレンタインデーの会話として聞けば/稲畑汀子

ソフトクリーム母との会話早くなる/しらいししずみ

俳句例:61句目~

それからそれから棒パン抱き合う朝の会話/伊丹三樹彦

二つのつむじの会話いつも子供の匂いがある/瀬戸青天城

タイトルとURLをコピーしました