屑籠を使用した俳句

屑籠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

屑籠を含む俳句例

屑籠に抛る紙屑冬籠/上野泰

屑籠に蟻の潜伏発覚す/高澤良一

屑籠の文殻赤し春の雨/正岡子規

屑籠を女曳きゆく星祭/和知喜八

極月の大屑籠に猫眠る/柿本多映

屑籠に英字新聞小鳥くる/奥名春江

屑籠の尻を叩きて掃納/野田早都女

屑籠の屑も美しクリスマス/森田峠

屑籠は大き程よし露の家/高澤良一

屑籠を楯なる書屋隙間風/井沢正江

文化の日鉄の屑籠雨の中/飯田龍太

屑籠と空き缶空き壜秋日和/二村典子

屑籠の編目に日透く初句会/沢木欣一

涼風の来て屑籠の転がれり/村越化石

菊活けて菊の葉屑を屑籠に/高澤良一

すぐ反古のたまる屑籠初仕事/稲畑汀子

屑籠に二日の日差し移りけり/高澤良一

屑籠に反古音立つる霜夜かな/矢田邦子

屑籠に骨とび出して捨て団扇/松本照子

屑籠の網に日の透く春はじめ/矢野緑詩

俳句例:21句目~

屑籠は大きめが佳し夏はじめ/高澤良一

手に届くところに秋と屑籠と/高澤良一

屑籠がからで夏風邪なおらない/池田澄子

屑籠の籠目陽に透き不況除々/矢田貝俊夫

朝ざくら屑籠はまだ空つぽに/八牧美喜子

林檎の芯屑籠に捨て慣れぬ事務/沢木欣一

色鳥を見て屑籠をからつぽに/正木ゆう子

風邪の神を掃きだす屑籠をどかし/成瀬桜桃子

屑篭にティッシユのあふる風邪ごもり/池田正男

タイトルとURLをコピーしました