夕闇を使用した俳句

夕闇に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕闇を含む俳句例

夕闇の蘆荻音なく舟着きぬ

夕闇を飛ぶ一塊の油蝉/原田喬

夕闇を静まりかへる芒かな/暁台

蜩の夕闇長く引きにけり/星野椿

紫苑咲く夕闇農の庭乾き/中拓夫

一山の夕闇支へ桜満つ/清水節子

股引や夕闇まとふ風を踏む/尾城光

白粉草の花の夕闇躓けり/渡辺桂子

花折て夕闇戻る涼みかな/子規句集

蝙蝠の夕闇浅し町明かり/内田百間

山に来る夕闇蒼し朴の花/長谷川翠

夕闇に馬光り居る野分哉/内田百間

夕闇や腰に鎰鳴る門涼み/立花北枝

夕闇の髭濃きものに蟇/奥山甲子男

夕闇にお水送りの篝の火/信谷冬木

退勤の夕闇明り猫の恋/深見けん二

夕闇に万両隠れ去りにけり/左兵子

夕闇やまぶちを押せば飛ぶ蛍/調楽

夕闇の迷ひ来にけり釣荵/高浜虚子

夕闇に雷鳥まぎれ岩残る/岡田日郎

俳句例:21句目~

稲刈るや夕闇を透く遠き聲/相馬遷子

我は少年刈穂の稲の夕闇に/高柳重信

夕闇に地鶏まぎるる竹の秋/斎藤梅子

夕闇に浮かぶ孤舟の月見草/吉居珪子

夕闇は人知れずきて韮の花/水上英子

紅梅も容れて夕闇厚からむ/都筑智子

夕闇をつらぬく秋の岬かな/飯田龍太

夕闇や蜂の巣もやす水辺垣/西島麦南

草泉夕やみ退けば昏るるのみ/岡本眸

三月尽船ゆつくりと夕闇を/大井雅人

夕闇は楠より立てり義仲忌/奥坂まや

夕闇の包めぬ白さ鉄線花/吉岡ひとし

夕闇の動きはじめし蕎麦の花/椎橋清翠

夕闇の実梅のひまを埋めつくす/石嶌岳

夕闇の既に牡丹の中にあり/深見けん二

暁闇は死に抱き夕闇殺し抱き/折笠美秋

夕闇の静かな揺れや蛍の火/渡邊千枝子

揺れ合うて藤の夕闇誘ひをり/介弘紀子

七月の夕闇ちちもははもなし/平井照敏

夕闇に化仏の笑ひ黄葉散る/伊藤いと子

俳句例:41句目~

噛めば甘き峡の夕闇目借時/佐藤きみこ

夕闇にめぐる怪体や扇風機/芥川龍之介

夕闇に石蕗の明りのまだ昏れず/星野椿

夕闇に落る雲雀や子のあたり/立花北枝

蟇がゐて夕闇の炭出してもらふ/及川貞

夕闇に顔よせてもぐ茄子かな/野村泊月

夕闇と夕顔なじみそめにけり/石井とし夫

冷まじや夕闇といふしめくくり/手塚美佐

夕闇の賀茂にとく濃き御祓かな/岸風三樓

数珠玉の鳴つて夕闇下りてくる/寺岡捷子

枯萩となり夕闇のこゑとなる/河原枇杷男

桜満ちる夕闇布をずたずたに/八木三日女

あだめきて夕闇のつく浴衣かな/石原舟月

穴まどひ夕闇は地にたたなはり/長谷川双

夕闇の暑のさめやすき少女の餉/石原八束

夕闇は加茂にとく濃き御祓かな/岸風三楼

夕闇のものにまぎるる花茗荷/馬淵あい子

茄子もぐ手また夕闇に現れし/吉岡禅寺洞

夕闇に置き去られゐて涼しきよ/村越化石

虎の尾の花や夕闇地より湧く/吉谷実喜夫

俳句例:61句目~

夕闇は賀茂にとく濃き御祓かな/岸風三楼

夕闇におしろい花の浮いて居り/竹田ひろし

ぼろ市の夕闇吊られゐるごとし/上田日差子

夕闇の迫る茅の輪をくぐりけり/石川冨美子

げんのしようこから夕闇の子守唄/高野ムツオ

ビロウに夕闇左遷教師の煙草火燃え/伊丹三樹彦

夕闇にまぎれて村に近づけば盗賊のごとくわれは華やぐ/前登志夫

こおろぎの声ほろびしと思うとき水みたすごと夕闇はくる/玉井清弘

迎へ火の消えたる野辺の夕闇に魂よぶ子らの声ぞきこゆる/太田水穂

世間から外れたような夕闇にひらくたんぽぽ四五輪がほど/石田比呂志

夕闇の桜花の記憶と重なりてはじめて聴きし日の君が血のおと/河野裕子

黄のはなのさきていたるをせんねんのゆからあがりしあとの夕闇/村木道彦

タイトルとURLをコピーしました