躰を使用した俳句

躰に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

躰を含む俳句例

一日に千躰仏よ郭公/井原西鶴

木道は男の躰花あやめ/小山咲子

鞦韆や隣みこさぬ御身躰/炭太祇

とどまれば熱き躰や芋嵐/中西夕紀

冬の蠅球の躰をぶん廻し/高澤良一

塀ごしやさくら斗の庭の躰/炭太祇

好調は躰に任せとる相撲/高澤良一

法躰をみせて又著る頭巾かな/太祇

烏貝躰開かなくて行けぬ/高澤晶子

田蛙のカララ躰に共鳴す/高澤良一

若き妻水泳焼けの火の躰/辻田克巳

躰より大きな楽器夏来る/恒藤滋生

一、二掻き躰に送る団扇風/高澤良一

松の花躰細らせ給う妓芸天/菊池志乃

蝙蝠の躰鈍れば飛びにけり/高澤良一

青年に虚無の青空躰使う/鈴木六林男

あら古や露に千鳥をすまの躰/椎本才麿

なむあみだ躰にたむる地蔵盆/高澤良一

ばくぜんと躰ある日の日雷/津沢マサ子

ぶつかられ躰くるりと酉の市/高澤良一

俳句例:21句目~

春暁の躰を覚ます畑毛の温泉/高澤良一

紫苑剪る法躰ならぬ尼僧見し/今西一路

ゆうぐれの水にほいだす躰かな/久保純夫

武者人形法躰にして馬上かな/大橋越央子

躰じゅう松葉だらけの雪だるま/高澤良一

この暑さ躰がついてゆけぬといふ/高澤良一

躰から蝶の出てゆく喪なりけり/相川玖美子

人に躰息あり南天は花をこぼす/安斎櫻カイ子

躰より抜けでてあそぶおぼろの夜/津沢マサ子

タイトルとURLをコピーしました