店先を使用した俳句

店先に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

店先を含む俳句例

大寒や真赤な苺店先に/逸見静江

大猪逆さに吊られ店先に/伊藤一子

店先によべの踊子たたずめる/敏郎

店先に水打つ鰥の洋服屋/高澤良一

店先に蜜柑腐りぬ蕗の薹/正岡子規

店先に賣れざる菊の盛哉/正岡子規

店先に車夫汗くさき熱哉/正岡子規

店先の片隅にある草の市/嶋田麻紀

店先の菊美しやあづま鮨/寺田寅彦

虞美人草漢方薬の店先に/田中芙美

馬車店先ふさぐあつさ哉/正岡子規

店先に売れずともよき登山杖/森田峠

店先に師走見て居る佛かな/正岡子規

店先に潰いゆる熟柿鶴来る/亀井糸游

筆選ぶ店先にゐて冴え返る/室生犀星

店さきを赤馬通り暑をきざす/下村槐太

店先に足袋干す籠や木曾の宿/会津八一

店先に陽炎のこし逝かれけり/京極杞陽

店先の猿餌に飽きて蚤を取る/正岡子規

店先より炬燵が見えて親しめり/杉本寛

俳句例:21句目~

店先をさながら螺鈿の初鰊/倉持留美子

店先を掘り返しをる日記出づ/富安風生

筆えらぶ店先にゐて冴え返る/室生犀星

舞猿をほうり込まれぬ小店先/高田蝶衣

虻がまず来る店先の花の荷に/安原夏子

店先につまみ菜湿るゝ小雨かな/羅蘇山人

店先に水やうかんと太き文字/杉山喜代子

店先に焼いた秋刀の売られをり/小林八重子

濡れて店先きの青唐がらしは清貧なり/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました