燃え上るを使用した俳句

燃え上るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

燃え上るを含む俳句例

前人の髪が西日に燃え上り/上野泰

味噌焚の大竃や燃え上る/川島奇北

流木の燠燃え上がる磯開き/酒井武

親展の状燃え上る火鉢哉/夏目漱石

消炭の過去の又燃え上りけり/上野泰

夜振の火折々高く燃え上がり/丸山由子

灰皿に燃え上りたる死蛾の翅/右城暮石

顧みる毎に鶏頭燃え上がる/相生垣瓜人

鷹の目に一渓の雪燃えあがる/能村研三

大紅葉燃え上らんとしつゝあり/高浜虚子

新聞紙燃え上がらせて蜂焼く火/右城暮石

焚火燃えあがりて天の川照らす/齋藤愼爾

百日紅茜さしきて燃え上がり/福屋千穂美

音たてゝ燃えあがりけり初かまど/ハナ女

冴返る真夜燃えあがり人焼く火/加藤知世子

幾たびも梅雨の焚火の燃え上がり/右城暮石

杉落葉焚けば一気に燃えあがり/岡本求仁丸

燃えあがる送り火見つむただ黙す/安間敏子

燃え上ることなき門火焚きにけり/須藤常央

蛇を焼く火の燃えあがり逝く五月/太田鴻村

俳句例:21句目~

炉火燃え上る畳に氷る射鳥かな/長谷川零餘子

焚火ぺろぺろ燃えあがり明らかに冬/大橋裸木

田の風にまた燃えあがる門火かな/池内けい吾

野焼の火手に燃えあがりやすきかな/右城暮石

まなうらに燃え上らんとつつじ濃し/野見山朱鳥

左義長の燃えあがるものなくなりぬ/加藤三七子

雨に映りて燃え上りたる焚火かな/長谷川かな女

タイトルとURLをコピーしました