雨意を使用した俳句

雨意に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雨意を含む俳句例

夏草を踏み行けば雨意人にあり

牛乳に雨意あり父を仇に母/金子晉

観音堂雨意の門川種浸す/佐野美智

窯火猛り一刻雨意の葱坊主/角川源義

雨意迫り来ぬ睡蓮の池暗く/高浜虚子

ほととぎす梢移りに雨意激し/木村蕪城

卯の花の匂ふ山路の雨意の風/廣瀬凡石

球形タンクも雨意の相貌葭雀/木村蕪城

緑陰に雨意みなぎつて来けり/辻本斐山

雨意迫る芒細身となるばかり/山田弘子

青芝に雨意の濃淡くちすすぐ/安東次男

たかだかと雨意の木蓮崩れけり/日野草城

山よりの雨意に置かるる苺皿/蓬田紀枝子

春暖の赤子のこぶし雨意の松/宇佐美魚目

蒲生ふる水に雨意あり鷭翔ける/木村蕪城

蛇消えて敷石に雨意仄かなり/櫛原希伊子

雨意多し蜈蚣も螫意多からむ/相生垣瓜人

雨意山に葉がくれのこる夏蜜柑/福田蓼汀

くつきりと山や早桃に雨意ふかく/加藤耕子

ななかまどしっとり八幡平の雨意/高澤良一

俳句例:21句目~

太宰忌の星を押し出す雨意の雲/佐野まもる

雨意すでにうなじに重し夕牡丹/櫛原希伊子

雨意たしか遠家に女の手が見えて/伊丹公子

雨意拂ふ龍旗二旒やおきまつり/下村ひろし

たちまちに雨意のかげりて藤ゆるる/石原八束

廃オルガン鳴りだす雨意満つ啄木館/伊丹公子

木の芽和に雨意ひえびえと到りけり/島田青峰

雨意やがて新樹にひそと降りいでし/日野草城

風落ちてまくなぎに雨意たゞよへり/稲畑汀子

炉げむりの家はなれぬを雨意といふ/宇佐美魚目

タイトルとURLをコピーしました