濃淡を使用した俳句

濃淡に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

濃淡を含む俳句例

その奥の闇の濃淡虫時雨/成井侃

沖までの潮の濃淡雁渡し/柊愁生

夾竹桃の影の濃淡母来る道/伊丹公子

梅雨雲の濃淡悼む世の濃淡/古沢太穂

濃淡の紅葉の奥を秘境とす/柴田白陽

花岩菲色に濃淡なかりけり/高浜年尾

露草や濃淡絶し今朝の空/中村草田男

バラ真紅天の濃淡うばひけり/河野南畦

朝霧に陽射し濃淡森の脳波/平井さち子

木漏れ日の濃淡竹は皮を脱ぐ/鈴木定代

梅の香の濃淡風のうらおもて/朝倉和江

濃淡の霧にしづみぬ羽黒杉/山上樹実雄

病棟のひとの濃淡ゆすらうめ/片岡秀樹

盆唄のやみの濃淡ながれだす/桜井博道

真闇にも濃淡ありし追儺の灯/根岸善雄

眠りにも濃淡ありぬ月日貝/小泉八重子

青芝に雨意の濃淡くちすすぐ/安東次男

幽霊が出る城尖塔への闇の濃淡/伊丹公子

疎林起伏に菫濃淡妣の国へ/鍵和田ゆう子

緑蔭の濃淡抜けてわが身なる/河野多希女

俳句例:21句目~

鵜舟ゆく闇に濃淡ありにけり/はやし/碧

ものの芽の濃淡うつし川ふかむ/山本つぼみ

典雅にふるえて蘭の濃淡華僑の店/伊丹公子

咲き満ちて濃淡のある櫻かな/阿部みどり女

日が射せば蝌蚪に濃淡ありにけり/前山松花

日光きすげ風の濃淡流れたり/鍵和田ゆう子

降る雪のつもる濃淡ありにけり/志摩芳次郎

につこうきすげ風の濃淡流れたり/鍵和田のり子

タイトルとURLをコピーしました