ミシンを使用した俳句

ミシンに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ミシンを含む俳句例

音粗き戦時のミシン妻若し/安木白彦

ミシン踏む音に顫へて桜草/西村和子

島に古る足踏みミシン緑差す/中嶋秀子

雨蛙よくなく我もミシン踏む/上田芳子

霜の夜のミシンを溢れ落下傘/永井龍男

乃木夫人愛用ミシン凍ててあり/辻桃子

ミシン台並びやすめり針供養/石田波郷

ミシン椅子秋夜の妻の臀剰り/草間時彦

五十年踏み来しミシン秋日和/三上イツ

夏の瀬音して九番のミシン針/藤本鯖人

大方はミシン針なり祭りけり/神道/静

山茱萸や足踏みミシン今も尚/杉本祥子

まなうらにミシン踏む母針納め/高澤良一

ミシン踏み隣の夜なべまだつづく/上村占

ミシン踏むSの丘まで花を刺し/渡部陽子

ミシン踏む胸寛し灯に汗光らせ/中島斌男

晩夏ひかるミシン一台再婚す/榎本冬一郎

活断層蟻がミシン目入れている/高橋和彌

藤の花ミシンの上に置かれたる/横山白虹

いまの世のミシン小ぶりや針供養/梶田光枝

俳句例:21句目~

ミシン踏みいつか夜長の逃亡者/小檜山繁子

ミシン踏むひそかなる音牡丹の芽/中島斌雄

大正のミシンを踏みて年惜しむ/北見さとる

雷の夜の黒やわらかくミシンの首/大井雅人

颱風が押すわが列島ミシン踏む/小川双々子

黴の宿身にしたひ寄るミシンの音/飯田龍太

にはかなるミシン踏み出す夜寒かな/中村汀女

サンドレス縫ふご機嫌の古ミシン/松沢比磋子

ミシン踏みまた爽やかにミシン踏む/渋沢秀雄

汗見えてミシン踏む師の薄暑かな/小松崎爽青

焼けざりしミシンの恩や青葉木菟/榎本冬一郎

夏痩せの髪結ひつめてミシン踏む/柴田白葉女

吾子昼寝ミシンの脚をつかまへて/加倉井秋を

ミシン踏む小鳥来しこと気づかずに/山根紀美子

太陽縫いこむ村にひとつの魔法ミシン/伊丹公子

踏みとほし生きとほしミシン台の灯蛾/榎本冬一郎

タイトルとURLをコピーしました