風葬を使用した俳句

風葬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

風葬を含む俳句例

風葬に瞳を託す西行忌/櫂未知子

風葬の島々伝ひ鷹渡る/徳留末雄

風葬の骨片残し鳥雲に/細川朝子

天皇を風葬の山初日差す/茨木和生

晴天はいま風葬の山桜/小檜山繁子

舊正や風葬の香地に曝す/古舘曹人

風葬の山脈遠く秋耕す/目貫るり子

風葬の崖底知れぬ朧かな/岡田久慧

風葬の遠祖は風冬菜掘る/古沢大穂

夏闇に梵字ただよふ風葬趾/丸山哲郎

昼寝せり風葬窟に隣りして/堀口星眠

月のぼる砂丘風葬の虫けらよ/岸田稚

白蝶は天より来る風葬野/加倉井秋を

風葬のごとく褪せゆく烏瓜/永井武子

風葬の島にハブ捕る生活あり/梶尾黙

風葬も弥陀の掌の内烏瓜/井上ゆたか

風葬や木の芽が軋む島の蔭/古館曹人

二月の風葬の頭は向きあへり/古舘曹人

蜻蛉生れすぐ風葬野に紛る/加倉井秋を

風葬の地より届きし黄砂かな/平田君代

俳句例:21句目~

コリントヘ行けず風葬の岩耀る/江里昭彦

風葬のきりぎしに咲く鉄砲百合/山城青尚

風葬の恋などあめり落ち林檎/平井さち子

風葬の村さやさやと菜種刈る/本田ひとみ

風葬を待つて微粒の煤溜まる/林田紀音夫

木蓮よ「その白い魔女を風葬に」/久保純夫

朽ちしマスト風葬のごと寒鴉集ふ/草間時彦

風葬の洞窟びょうびょうと冬霞/岸本マチ子

風葬を思へり山梔子夜をあきらか/河野多希女

タイトルとURLをコピーしました