長江を使用した俳句

長江に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

長江を含む俳句例

山割つて下る長江初霞/波戸岡旭

濁り合ふ長江浦江秋暑し/杉本寛

長江へ百里一望花菜畑/荒井正隆

小鳥来る黄河長江渡りては/辻桃子

月映す長江の波相きそふ/中村汀女

長江の千紫万紅春夕焼/松崎鉄之介

陶枕の呉須の長江下りかな/飴山實

葭切や長江海となるところ/倉本三鶴

行く年の長江に足向けて寝る/岬雪夫

長江の濁りまだあり春の海/高浜虚子

長江の濁り入れたる春の海/葛西節子

長江も黄河も渡り汽車涼し/市場敏司

鳥渡る長江飽きるほど広し/鈴木幸一

湾曲し膨張し長江夏に入る/上野さち子

衣更へて長江の星鳴りいづる/黒田杏子

長江に布洗ひをり菜花咲く/小林はるな

長江の出口入口北風を呑む/柴崎左田男

長江はわが遊船をゆさぶりぬ/下村梅子

長江は帰雁の空の下に在り/深川正一郎

長江大吉大船に夏野菜のせて/阿部完市

俳句例:21句目~

驟雨来て長江を打ちはじめけり/日原傳

たんぽゝや長江濁るとこしなヘ/山口青邨

梅雨長江暗き無数の声聞くも/山田みづえ

見ゆるものなき長江の夏つばめ/鷹羽狩行

長江に浮かぶ小舟に鵜を馴らす/東野淑子

驢馬に乗る子に長江の日永かな/松崎鉄之介

「思レ君不レ見」長江船上月三更/沼尻巳津子

けもののごとき温さ黄濁の初夏長江/金子兜太

初夏長江鱶などはぼうふらより小さい/金子兜太

タイトルとURLをコピーしました