知命を使用した俳句

知命に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

知命を含む俳句例

若水に知命の眼洗ひけり/池田文子

秋耕の大地温か知命越ゆ/柴崎左田男

草虱わが茫々の知命かな/渡部伸一郎

荒馬を露けしと見る知命かな/岩村蓬

鬼の豆閾に入れる知命かな/宮坂静生

わが知命噴水秋の穂のゆるび/新明紫明

わが知命露草露にひかり咲き/新明紫明

朝寒の股に手はさみ知命過ぐ/岸風三樓

知命とや恋猫ほどの度胸なし/福田純子

知命過ぐわれに母ゐて豆の飯/茂里正治

羽抜鶏子路を愛して知命過ぐ/北澤瑞史

葎わけ手きず脛きず知命なる/川村六菖

太箸や知命といふは軽からず/西嶋あさ子

散りそめし花や知命の夕まぐれ/宮内柊子

知命なほ稚心を愧づも左内の忌/本多静江

知命近し風ぬけやすき寒桜/鍵和田ゆう子

花朴を知命のいろとして見たり/丸山海道

さまざまの花いとほしみ知命過ぐ/伊藤敬子

はこべ咲くにも頷く男知命の髭/伊丹三樹彦

岩燕知命のまなこ濡らしけり/大豆生田伴子

俳句例:21句目~

数の子をしこしこと食み知命かな/大橋敦子

水鳥のさざなみ明り知命過ぐ/鍵和田ゆう子

知命かなからくれなゐに冬木の芽/岸原清行

知命来るや牡蠣の食べ殻分厚しよ/奈良文夫

綿虫消え知命の素手の残りけり/成瀬櫻桃子

花は葉にあと二指折れば知命かな/伊藤敬子

茄子の花知命を過ぎて父母を持つ/相馬遷子

首夏にして知命やゆるき箸づかひ/鳥居おさむ

タイトルとURLをコピーしました