彩るを使用した俳句

彩るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

彩るを含む俳句例

やゝ寒き雲の彩る湖上哉/桂山

円窓の外彩りの影紅葉/三木星童

埋立地冬日は己彩り射す/有働亨

鳥一羽野分彩るごとく来て/原裕

名を伏せて風を彩る鳥兜/杉本則江

夕刊のコラム彩る蕗の薹/大岩光代

梵天を競ふ彩り雪に映ゆ/高浜年尾

渋川や夏を彩る臍まつり/石淵子香

藪柑子の彩る落葉衾かな/高田蝶衣

開店の二月彩り理容灯/三栖菜穂子

鴨足草山神蟹を彩りぬ/松根東洋城

向日葵をつよく彩る色は黒/京極杞陽

水の縁人彩りぬ花より濃く/林原耒井

疱瘡神佐保の小橋を彩りて/桂樟蹊子

花みちて濁世をすこし彩りし/大牧広

重箱の彩りにある淑気かな/小宅洋子

雪の木を彩り鶲遊びけり/徳永山冬子

青に丹に彩る春の蘭若かな/筑紫磐井

ベゴニヤの鉢の彩り揃へけり/稲畑汀子

小春日の花圃を彩る花として/稲畑汀子

俳句例:21句目~

彩りに海のもの添へ川床料理/飯島正人

立冬の川を彩る胡桃の黄/阿部みどり女

色鳥を彩るは樹々かも知れず/黒川花鳩

菊枯れて机辺彩るものもなし/石塚友二

雲いろいろ彩る二百十日かな/前田普羅

彩りし犬の画姉妹夜学かな/長谷川かな女

梅雨の茸地を彩りてゐたらずや/石原八束

歇む雪を彩る嗄れし汽笛ながら/下村槐太

合歓咲けりプルーラインを彩りぬ/高階糸子

蓮枯るる風を彩りフォークダンス/宮津昭彦

タイトルとURLをコピーしました