スカートを使用した俳句

スカートに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

スカートを含む俳句例

スカートに隠して終る手毬唄/鈴木尚子

スカートのはたはたしたる船遊/辻桃子

スカートは落下傘に似風光る/宮坂静生

スカートを敷寝の娘きり~す/滝井孝作

スカート揺らし春風の量計る/広渡詩乃

初釜にスカート緑濃き乙女/百合山羽公

風に舞う襞のスカート卒業す/村田珠子

お岩木は雲のスカート履き夏野/高澤良一

ねんねこもスカートも膝頭まで/右城暮石

スカートの裾たよりなき衣更え/飯沼衣代

夏服のスカートの皺目だち立つ/高濱年尾

芥出す長スカートの素足かな/吉田つよし

虫籠を持ちスカートに捉まつて/行方克巳

野蒜摘みつつスカートの不思議/若森京子

クローバに坐すスカートの完き円/橋詰沙尋

スカートの一円を置きうまごやし/鷹羽狩行

スカートの襞をゆたかに檸檬切る/谷口摩耶

寝押したる襞スカートのあたたかし/井上雪

極彩スカート幾重にも巻き泉汲む/吉野義子

穀雨くる紺のスカートはいてくる/角田睦美

俳句例:21句目~

草虱スカート好きでかくも附く/山口波津女

葡萄食ぶ少女スカートに風棲ませ/宮坂静生

スカートに毛虫ふはりと落ちてきし/中村姫路

スカート涼しげ青林檎の皮一連に剥く/古沢太穂

二の酉や吊スカートのすべてに触れ/田川飛旅子

スカートをひろくクローバーに広げ坐る/山口青邨

まわるまわる黄色いスカートかたばみ咲く/こしのゆみこ

タイトルとURLをコピーしました