烈日を使用した俳句

烈日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

烈日を含む俳句例

烈日の下に不思議の露を見し

月鉾の月烈日に一閃す/大橋敦子

岳樺幹の阿修羅に秋烈日/高澤良一

烈日に開きて固き扇かな/中村汀女

烈日やころげし雹に草の影/原石鼎

ははき草干され烈日蒼くせり/杉本寛

烈日に君が日傘の小さゝよ/島田青峰

烈日に病めば啼く鵜や花葵/西島麥南

烈日の光と涙降りそゝぐ/中村草田男

烈日の土の息吹や百日紅/小坂かしを

烈日の美しかりし桔梗かな/中村汀女

照らすべき物なき烈日沖に満つ/篠原

瞼垂れ蝉も烈日も忽と消ゆ/相馬遷子

降りそゝぐ山の烈日秋の風/相馬遷子

雲間より烈日出でて敗戦忌/竹田一郎

烈日の曼珠沙華みて髪凝る/小檜山繁子

烈日やふりむくたびに通草の実/中田剛

烈日や老杉の映え社殿の丹に/石塚友二

狐舎のうら秋烈日の火山立つ/相馬遷子

雹ころがりて烈日の大地かな/清原枴童

俳句例:21句目~

烈日に切り抜かれたる影法師/津沢マサ子

烈日に灼けつつまれて造船所/五十嵐播水

烈日のあげ藻の中のゐもりかな/野村泊月

祈りゐて烈日焦土眼を離れず/下村ひろし

絶巓のコーラス烈日に肩を組み/福田蓼汀

烈日をかへして椰子の葉は勝てり/高橋馬相

青いうしほくぐり飛ぶ鳥が烈日の下/大橋裸木

さみしい烈日の押し易い扉がある/安斎櫻カイ子

背なを灼く烈日われはアラビアヘ帰り来しなり火の匂いする/三井修

タイトルとURLをコピーしました