アトリエ/を使用した俳句

アトリエ/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

アトリエ/を含む俳句例

アトリエの高き天窓雹叩く/中島隆

文学座アトリエの古り冬灯/栗林圭

アトリエの夜なべの灯煌煌と/上村占

生前のままのアトリエ冬隣/村上幸子

花冷や産後の猫がアトリエに/日原傳

雑草の花アトリエに塑像成り/瀧春一

アトリエのひゞ割れ硝子緑光/右城暮石

アトリエの父は裸身に雲を描く/皆吉司

百号の裸婦アトリエに蝉しぐれ/斉藤節

アトリエと道をへだてゝ朴落葉/高橋馬相

アトリエのソファに眠る孕み猫/林孝太郎

アトリエの彫塑ばかりや扇風機/野路斉子

アトリエの灯を消して去る手に椿/皆吉司

アトリエは吾の別宅煖炉燃ゆ/嶋田摩耶子

アトリエは白き喪にあり春嵐/文挟夫佐恵

アトリエを包む潮騒花ダチュラ/高澤良一

茶の花やアトリエ占むる一家族/石田波郷

障子貼り替へむこころのアトリエも/林翔

アトリエに未完の裸婦や麦の秋/原田かほる

アトリエに父在るごとく柊挿す/川端紀美子

俳句例:21句目~

アトリエに赤は目立たずシクラメン/脇収子

アトリエの木椅子に午後の枯深し/加藤耕子

アトリエの色の中なる煖炉の火/粟津松彩子

淋しくてともすアトリエ寒苦鳥/大野雑草子

雉笛やアトリエの窓あいてゐる/津高里永子

アトリエの秋果のひとつ食はれけり/野中亮介

アトリエ建てむ妻に悲しき都會の瞳/藤後左右

楽陽花やアトリエにひと入らしめず/片山由美子

タイトルとURLをコピーしました