川瀬を使用した俳句

川瀬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川瀬を含む俳句例

五月雨や思はぬ川瀬桐油舟/沾葉

夕暮は鮎の腹見る川瀬かな/鬼貫

夕映の木曾の川瀬の青胡桃/岡田日郎

睡しや妻枯園の雨川瀬めく/石田波郷

細りたる川瀬の音や冬の虹/野村喜舟

芽柳に殺生戒の川瀬の音/伊丹三樹彦

顔打つて川瀬のしぶき青嵐/川崎展宏

夕ぐれは鮎の腹みる川瀬かな/上島鬼貫

川瀬ゆるく波をおくるや青嵐/飯田蛇笏

川瀬吹く風のかなたの風の盆/友岡子郷

月光や川瀬に騰る水けぶり/楠目橙黄子

秋たつや川瀬にまじる風の音/飯田蛇笏

秋彼岸濯ぎ慣れたる川瀬あり/友岡子郷

秋晴の川瀬の石に憩ひけり/高橋淡路女

秋立つや川瀬にまじる風の音/飯田蛇笏

秋耕の人に宇陀川瀬をはやみ/橋本鶏二

紅鱒の川瀬のぼりて夏めきぬ/富田潮児

羽を摶てと光れる川瀬愛鳥日/亀井糸游

梅雨荒れや二つに割れし川瀬石/富田潮児

泳ぎ場とひとつ川瀬に鵜舟待つ/宮坂静生

俳句例:21句目~

鮎落ちて川瀬の力ゆるみたり/徳永山冬子

ほつれ簗ピー~となる川瀬かな/大須賀乙字

合歓の葉の川瀬づたひに盆が来る/恩沢草生

現れつぎし川瀬が紅葉せかせたる/河野南畦

音もなくもつれて秋の川瀬かな/鷲谷七菜子

近江の川のまつくら川瀬にいる末子/阿部完市

霧積の川瀬ささやく夜の秋/吉田未灰「独語」

タイトルとURLをコピーしました