寺男を使用した俳句

寺男に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寺男を含む俳句例

百日紅放哉といふ寺男/中田剛

七夕の竹伐り担ぐ寺男/塚田秋邦

和尚芋寺男唐辛子かな/小杉余子

寺男律義一偏の桜かな/籾山柑子

暮秋の鬢髪吹かれ寺男/石原舟月

節分の提灯下げて寺男/松藤夏山

霊場の焚火明りに寺男/高見/弘

鶯や尼と老いゆく寺男/勝又一透

十人は居る寺男白つつじ/岡田日郎

啓蟄や石を動かす寺男/雨宮きぬよ

夕飯は芋でくひけり寺男/正岡子規

寺男朝な手古摺る夏落葉/高澤良一

昨日より薺摘みゐる寺男/白方昭女

白露や何の果なる寺男/松本たかし

露霜の道を掃きをる寺男/望月梨花

代々や木兎になじめる寺男/角田竹冷

寺男放哉もこの葛咲くみち/友岡子郷

惜気なく梅折りくれぬ寺男/正岡子規

昼顔を昼見てゆきぬ寺男/神尾久美子

落葉けぶらせ毛越寺の寺男/皆川白陀

俳句例:21句目~

諸葛菜活けて義仲寺男守る/島田弘子

うつそりと寺男をりけり梅林/関戸靖子

かなかなに深井を汲める寺男/鈴木鷹夫

けまん咲きいよいよ貧しき寺男/泉春花

寒垢離の草履干しゐる寺男/伊藤美音子

日ねもすや落葉掻き居る寺男/浦四三子

菩提子をひらりとむしる寺男/赤尾兜子

青写真そこらまたゆく寺男/波多野爽波

寺男らしきがひとり牛蒡引く/藤田あけ烏

河豚喰うて死にし哀れや寺男/高橋淡路女

寺男の大きな手が木の実呉れに来る/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました