絵巻を使用した俳句

絵巻に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

絵巻を含む俳句例

王朝の絵巻繙く桐の花/加藤元子

王朝の絵巻現つや申祭/佐藤千兵

杜若絵巻の如く咲き揃ひ/京極昭子

通り峠棚田絵巻の遠霞/早水運太郎

夏木立絵巻物とは剥落す/岩田由美

行列の維新絵巻や開港祭/河野南畦

絵巻物末尾は瑞雲西行忌/宮脇白夜

平治物語絵巻のどこか春/田中裕明

一幅の維新の絵巻雪の寺/古市絵未

一遍の絵巻十巻花芙蓉/小原菁々子

絵巻物拡げゆく如春の山/星野立子

絵巻物三月の部は花見也/正岡子規

絵巻物さながら長き花筏/吉原一暁

先帝会絵巻に波の筋幾重/熊谷恵子

紅梅の艶めく小諸絵巻かな/滝川賜

百僧の金襴絵巻御忌法話/中村二雄

夜寒さや百鬼夜行の絵巻物/寺田寅彦

幼より絵巻このみや智恵貰/下村槐太

海棠をめぐる天平絵巻かな/平井照敏

真桑瓜歳は絵巻の如く過ぎ/渡辺純枝

俳句例:21句目~

藤原氏絵巻に栄え年立てり/大島民郎

虫干や絵巻ほどけば姫の髪/中村堯子

行く秋の焔の多き絵巻にて/桂樟蹊子

語らるる小国絵巻や夏の雨/稲畑汀子

談合の絵巻にあらむ山紅葉/谷中隆子

人生の絵巻の端に鮎を釣る/脇本星浪

過去は右へ右へ朧の絵巻物/岡崎桂子

古都動く時代絵巻やおん祭/松村和子

吉野山絵巻の端に入りゆく/矢島渚男

鵜飼見る紅惨のこの絵巻物/鷹羽狩行

お水取火の絵巻物繰るごとし/西本一都

その続き見たき絵巻やお風入/山岡和子

年々の虚子忌は花の絵巻物/今井つる女

絵巻物ひろげし如し姫小松/成瀬正とし

三秋の絵巻果てゆくごと星座/荒井正隆

絵巻物ほどの明るさ濃山吹/成瀬正とし

哀史秘む銀山絵巻曝さるる/山本ノブ子

散紅葉鳥獣絵巻かくれなし/水原秋櫻子

絵巻まき終ふるに間あり虫の夜/石島岳

絵巻見て伊豆の海見て実朝忌/大島民郎

俳句例:41句目~

武者人形絵巻の山も川も晴/櫛原希伊子

時代祭通過す絵巻繰るごとく/田渕成水

雪の夜の絵巻の先をせかせたる/辻桃子

風入れの寺宝絵巻や文化の日/冨樫藤予

立子忌や偲ぶこころに虚子絵巻/安原葉

麦の芽のつづきて武田絵巻かな/古舘曹人

戯画絵巻ころがしひらく遠河鹿/桂樟蹊子

屯田兵絵巻冷ゆ手をさすりつつ/高澤良一

万緑やラインに絵巻のごと古城/関森勝夫

絵巻よりひとりを加へ紅葉狩/柴田佐知子

啓蟄や絵巻のやうに帯締めて/窪田せつ子

短夜やほどけばすぐに絵巻物/阿波野青畝

うつろへる日にうすずみの花絵巻/大橋敦子

くわりんあり鳥羽僧正の絵巻あり/後藤夜半

をみな泣く源氏絵巻の露けさよ/野見山朱鳥

櫟若葉に絵巻の彩の茶会びと/鍵和田ゆう子

鳥獣絵巻枯れゆく山をそばだてて/堀口星眠

信貴山縁起絵巻の山の木の実かな/尾崎迷堂

徒歩ゆくや花野の絵巻巻くごとし/伊藤敬子

奥阿蘇に虚子絵巻ありほとゝぎす/大久保橙青

俳句例:61句目~

霞む日のかなしき絵巻ひろげゆく/水原秋櫻子

そのかみの絵巻はいづこ濃紫陽花/久保より江

炭の香や絵巻ひろげて主客こごむ/松本たかし

ゆづり葉や蔵にねむれる絵巻物/鍵和田ゆう子

白描の絵巻ほどかれお風入/加藤三七子「無言詣」

タイトルとURLをコピーしました