谷水を使用した俳句

谷水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

谷水を含む俳句例

谷水に手は届かずや桜狩/雷子

山吹や春惜しからむ谷の水/宗養

木曾谷の水晴れてをり真葛/森澄雄

谷水に紅葉づくしの空あそぶ/原裕

谷水の押しうつりゆく露の空/原裕

谷水の盡てこがるゝもみぢ哉/蕪村

谷水を包んでこぼす紅葉かな/麦水

佐保姫の眠や谷の水の音/松根東洋城

川きゅうの香に流るるや谷の水/其角

新雪をくぐりて蒼し谷の水/杉山青風

若鮎や石をころがす谷の水/正岡子規

草の香と秋の香りの谷の水/大高英子

葛の花紙漉谷の水迅し/日比野久美子

谷水の青々として吹雪かな/高橋馬相

谷水や石も哥よむ山ざくら/上島鬼貫

谷水や風にただよふ月の糞/上島鬼貫

伊那谷の水禍の桑の芽の遅し/西本一都

佐保姫の産衣を浸す谷の水/福田甲子雄

山の芋摺りしすりこぎ谷水に/沢木欣一

若水に笹の葉まじる谷の水/瀧澤伊代次

俳句例:21句目~

谷水を汲みし手桶に夏花挿す/斉藤杏子

谷水を汲んでは茄子の根を沾す/飴山實

さくら散るあとさき谷の水急ぐ/高井北杜

谷の水くゞもりひゞく深雪かな/野村泊月

谷水を踏まへて刈りし木賊かな/高浜虚子

鯉の田へ引く谷水で桃冷やす/木村里風子

まだあそび足りずよ秋の谷の水/佐々木六戈

谷水を撒きてしづむるどんどかな/芝不器男

隠れ谷水張つて田のあらはるる/鷲谷七菜子

谷水も涸れしままなるすすきかな/室生とみ子

タイトルとURLをコピーしました