巻き貝を使用した俳句

巻き貝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

巻き貝を含む俳句例

羊水や巻貝のよく響く春/穴井太

巻貝の砂を遊ばせ秋の浪/柴田幸雪

巻貝の置物しんと若冲忌/高澤良一

巻貝の肉引き出だす日雷/鈴木鷹夫

巻貝となる阿羅漢に秋暑し/橋石和栲

巻貝の奥に目覚めし春一番/佐藤成之

春昼を睡る南国の巻貝と/中戸川朝人

晩夏なる青き巻貝拾ひては/豊田都峰

巻貝にすめらみくにの秋の砂/木内彰志

巻貝に汐鳴りとどく海開き/宇都宮八重

巻貝のおはじき飛んで昼の涼/伊藤京子

巻貝を砂のこぼるる霞かな/大岳水一路

日本の端で春の喇叭の大巻貝/伊丹公子

春愁の巻貝に耳あてて見る/秋山朔太郎

桜貝手に巻貝はポケットに/橋本美代子

渚で鳴る巻貝有機質は死して/安井浩司

何者か来て驚けと巻貝ころがる/三橋鷹女

大巻貝に秋です汽車の来ない町/伊丹公子

巻き貝をたくさん生んで金環蝕/中村安伸

巻貝など漂流の空パセリ摘む/小長井和子

俳句例:21句目~

巻貝の巻きに嘆きの寒さかな/上田日差子

砂山をいでて巻貝ゆるみけり/宇多喜代子

西方を紐来つつあり巻貝あり/河原枇杷男

大巻貝のターバン解いた朝の戸口/伊丹公子

巻き貝の九月の砂をこぼしけり/杉本多恵子

巻貝死すあまたの夢を巻きのこし/三橋鷹女

痩せた眼のみどりの底に棲む巻貝/久保純夫

笛吹く巻貝死ねよ死ぬなと遠海彦/三橋鷹女

雲海切れ巻貝めけるゴム樹林/上原瑞子/『燈台草』

タイトルとURLをコピーしました