湯煙を使用した俳句

湯煙に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湯煙を含む俳句例

湯煙の雑木紅葉を貫きし/林糺苑

湯煙りの白粉臭き朧哉/寺田寅彦

強霜に湯煙山の生活あり/高澤良一

湯煙か万座の霧か朝の風/磯野充伯

湯煙に人現るる時萱草も/高濱虚子

湯煙や根雪となりし山襖/石塚友二

貝寄風に湯煙なびく別府かな/林徹

間欠の湯煙噴きて山笑う/深村素水

一山の湯けむり凍てし日に向ふ/爽雨

湯煙の朧へだてゝ語りけり/島田青峰

湯煙の立つ山にして明易し/茨木和生

湯煙や軋みて止る日覆馬車/栗原政子

湯煙りの流るる方に冬の梅/今泉貞鳳

湯畑の湯煙何処へ冬帽子/板倉由美子

源泉の湯けむり散らす芋嵐/山田節子

しらたまの肌の湯けむり羽子日和/龍太

平家の世よりぞ紅葉も湯煙も/岩崎健一

湯煙の紅葉になびき消えてゆく/上村占

湯煙は軒より鶺鴒屋根に来る/福田蓼汀

湯煙も芒もなびくばかりなり/野村泊月

俳句例:21句目~

湯煙を吸ひ雪片を散らす空/成瀬正とし

葛咲くや湯けむり競ふ渓二つ/手島靖一

霧よりも湯けむり白し十三夜/西村公鳳

湯煙の消えてほのかや合歓の花/高浜虚子

立ち昇る湯けむりを巻き若葉風/高澤良一

湯けむりをあけぼの色に楓の芽/青柳志解樹

湯けむり立つ錆び虎杖のその向う/高澤良一

螻蛄を煮る湯けむり貧を蔽ひぬる/下村槐太

青梅雨に染まり湯けむり地を這へり/川崎俊子

湯けむり上げ和賀流の里のたうもろこし/高澤良一

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました