煮炊きを使用した俳句

煮炊きに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

煮炊きを含む俳句例

七十の母の煮炊の蜆汁/柳沢洸洋

法師蝉煮炊といふも二人きり/風生

蘖や縄文土器に煮炊き痕/伊東友子

み仏に男の煮炊き初薬師/松本千代子

盆の夜の煮炊の心をどりかな/岡本眸

家内に煮炊きの温み花の雨/湊/淑子

寒雀船に煮炊きの音すなり/岸野曜二

煉炭や暮しの幅に煮炊して/石塚友二

初午や背戸で煮炊きの女衆/角田廣子

春逡巡煮炊きにくもる硝子窓/長谷川櫂

無住寺に檀徒の煮炊き出開帳/安倍睦代

煮炊して留守守る童女鳳仙花/富安風生

井戸水を今も煮炊きに新豆腐/池田博子

立待や煮炊の湯気につつまれし/井上雪

老母の煮炊き常凡冬ふかむ/上野さち子

草萌ゆる誰かに煮炊まかせたし/及川貞

春暁の夙にいそしむ煮炊かな/西島麦南

ゆく秋や河原の石に煮炊きあと/飯島正人

夕しぐれ煮炊きの香して山の宿/松橋幸子

暑に耐ふる煮炊のガスの炎の揃ふ/岡本眸

俳句例:21句目~

煮炊きの香減りし喪の家冬の虫/徳永武子

曳船の煮炊も梅雨に入りにけり/細川加賀

産小屋に煮炊きの跡や草の絮/桜井天留子

孵化場にをとこの煮炊き捨冬菜/石川文子

かなかなにあをき煮炊きの炎かな/荒井正隆

人の死にひと日煮炊きの暮春かな/直野秀子

冬の月煮炊きのほのほおちしとき/金田咲子

山家いま二タ火煮炊きと迎火と/大岳水一路

彼岸入蓮華びらきに煮炊きの火/小檜山繁子

子の家に来ても煮炊よちゝろ虫/外尾倭文子

煮炊き暖かにかまくらはワンルーム/清水衣子

柚きざみ人に煮炊きをせしは過去/稲垣きくの

湯治部屋煮炊きのなすびその他かな/石川桂郎

訃へすぐに煮炊きはじまる落葉村/山本つぼみ

なめくぢに雨風荒き煮炊かな/田中午次郎「大道」

タイトルとURLをコピーしました