潮木を使用した俳句

潮木に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

潮木を含む俳句例

春風や汐木が中の観世音/野村喜舟

晝顔や砂に集めし汐木屑/松瀬青々

うちつれて汐木を拾ふ春日かな/暁台

昼寝する姿さながら一汐木/高澤良一

汐木焚く火に煙なし鳥帰る/青木重行

汐木積む夕日まみれの魂迎/熊丸淑子

浜焚火汐木に犬を繋ぎをき/山田弘子

芭蕉忌の汐木けぶらす出雲崎/森重夫

冬ざれや汐木にからむ荒布屑/重利帆南

燃え悪き汐木の煙磯菜摘む/荒木千句子

雁わたし軒深く積む汐木かな/巌谷小波

雪の上に打上られし汐木かな/岡田耿陽

はまなすに舟より太き汐木寄す/本多静江

わたつみに楫取り損ね灼け汐木/高澤良一

三日はや汐木焚く炎を高く上げ/児玉輝代

三羽いて三羽の孤独汐木の鳶/伊丹三樹彦

暁の蝉汐木は沖を旅来しいろ/神尾久美子

汐木なる艪臍も焚いてひじき釜/武市明子

汐木拾へば磯べに冬日したゝれり/原石鼎

汐木積み水の匂ひのもの焚ける/中村苑子

俳句例:21句目~

泳ぎ海女観てゐてさびし潮木焚/河野南畦

磯鴫や汐木のどれも濡れてをり/鈴木雹吉

神留守の汐木を焚きて驕るかな/巌谷小波

汐干潟汐木の珊瑚焚きにけり/菅原師竹句集

汐木焚きやませの日々を送りけり/高澤良一

汐木積めば雨となりけり秋の暮/金尾梅の門

野分あと汐木にとまる蜻蛉かな/島村元句集

著きてすぐ潮木拾ひにキャンプの娘/三宅黄沙

かいつぶり啼きしか汐木きしみしか/成田智世子

タイトルとURLをコピーしました