入口を使用した俳句

入口に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

入口を含む俳句例

夏衣暗い入口に少女/金子兜太

嶋原の入口淋し枯柳/正岡子規

辻の柿段々畠の入り口/星野椿

寒林の入口にある厠かな/柏禎

入口の遠くに出口冬構/鷹羽狩行

故里の入口寒し亂塔場/正岡子規

入口も桜出口も桜かな/正岡子規

廃坑の入口暗く滴れり/重盛千種

三椏の花原始林入口に/大塚光代

僧俗の入口分ちお講宿/西沢信生

元旦の入口のなき霜柱/星野紗一

迷宮の出口入口破れ蓮/山本秋穂

入口に老犬眠る行者宿/右城暮石

入口に蛇の衣や山の宿/佐藤仲子

入口に麦干す家や古簾/正岡子規

竜宮は入口ばかり紅珊瑚/北永一

鶯の籠入口に盆栽展/今井真寿美

入口の柱の藤や三尺寝/松瀬青々

入口や芭蕉玉巻く黄檗寺/正岡子規

公園の入口見えて桜かな/正岡子規

俳句例:21句目~

晩年のいまが入口青林檎/星多希子

横穴のごとき入口冬構へ/黒沢道子

露の世の銭湯の入口に立つ/皆吉司

野菊咲く村入口に藁大蛇/鈴木庸子

入口と出口に高く鳥兜/宇多喜代子

入口に七草植ゑぬ花屋敷/正岡子規

入口に人影さしぬ秋の暮/松岡青蘿

萬歳の入口せばし門の松/正岡子規

若草の野の入口に朱雀門/吉原文音

入口に風船飛ばす桜かな/正岡子規

牛部屋の入口狹し葉鷄頭/正岡子規

炭うりや京に七つの這入口/黒柳召波

異次元の入口木の洞春の闇/山田貴世

白桃の肌に入口無く死ねり/永田耕衣

老年の入口にあり冬ざくら/斉藤芳子

菖蒲園入口の蕾すく~と/佐野青陽人

里山の出口入口うめもどき/岡井省二

馬追や闇に入口出口あり/久保美智子

休み屋の入口なしに雪囲/黒沢さわ子

入口に近きは原種薔薇の園/田辺洋子

俳句例:41句目~

入口に木立の雨の花八ツ手/瀧井孝作

入口に紙燭ありけり竹の春/福井啓子

入口は出口にあらず蟻地獄/須藤常央

双六の入口で手を洗ひけり/石川利夫

史家村の入口見ゆる柳かな/正岡子規

商へり入口のみの雪を掻き/岡安仁義

地下鉄の入り口四角冬の風/今瀬剛一

天界の入口めきて末黒山/関野八千代

家々の入口ふさぎ残る菊/片山由美子

寒灸のここが地獄の入口か/木田千女

扉なき森の入口犬ふぐり/安田汀四郎

梅林の入口この世にひらき/宗田安正

永劫の入口にあり山さくら/和田悟朗

大藪に入口ありし木槿かな/大谷碧雲居

入口と出口に見張り苺狩り/松本サキ子

苗木市どこも入口どこも出口/北野民夫

入口のあって出口のない枯野/並河/洋

入口に混み合ふ蟻や蟻の塔/大野多美三

阿弥陀像に入口ひとつ花の風/山本洋子

ひとつだに入口のなき蝉の穴/菊井義子

俳句例:61句目~

恢復の入り口に来て日脚伸ぶ/山内山彦

辣韮も置きある納屋の這入口/高濱虚子

白鷺山森の入口はたと昏し/平井さち子

象谷の入口の畦はや塗られ/大峯あきら

大歩危は祖谷の入口合歓の花/沢村芳翠

浅間見え入口もなき林檎園/粟津松彩子

入り口の多き水着を御土産に/櫂未知子

清浄に峰入口の掃かれあり/山崎朝日子

渋鮎を焼く入口の炉をまたぐ/前田普羅

入口に風すこしある施餓鬼寺/三浦照子

塩を置くこんな秋思の入口に/櫂未知子

入口がなくて蒟蒻玉いつぱい/柿本多映

長江の出口入口北風を呑む/柴崎左田男

入口があれば出口のなき梅見/岡田史乃

数珠玉の入口うづむ隠れ里/松崎鉄之介

入口のまつくらにして月の城/成瀬正とし

老境の入口に立ちばらを嗅ぐ/猿橋統流子

愛宕護符すぐきの室の入口に/藤本安騎生

蝸牛も牛あくまで森の入口で/宇多喜代子

病廊出口そこがれんげ野の入口/中村明子

俳句例:81句目~

あの世への入口あたり風鈴吊る/寺井谷子

かまくらの入口沓の凭れあふ/片山由美子

かもめかもめ風のソナタの入口に/鷲田環

冬あぢさゐ死の入口を見に戻る/栗林千津

山茶花や闇の入口ありにけり/猪俣千代子

身の内に北風の入口出口あり/加藤はま子

張られたる網に入口さくらんぼ/山本きよ子

夏に入る入り口などはありませぬ/保坂リエ

柚子置いて入口暮れてしまひけり/岸本尚毅

いくつめか過ぎてななかまどの入口/大坪重治

涼しからん這入口から加茂の水/一茶/年次不詳

入口のあいそになびく柳かな/一茶/文政二年己卯

どの家も入口があり苦労も共に出はいりする/橋本夢道

陽炎やわらで足ふく這入口/一茶/文化十一年甲戊

雪ちるやしなのゝ國の這入口/一茶/文化四年丁卯

反芻をしてわれ生きむ馬くさく昭和の入口昭和の出口/山田富士郎

とんぼうの沙上の影を仰ぎけりー陸奥のその入口の蓮の花/三好達治

タイトルとURLをコピーしました