診るを使用した俳句

診るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

診るを含む俳句例

心電図狂ふと診られそぞろ寒/田口武

暦売手相を診ると掲げけり/野中亮介

松蝉の群唱に入り杣を診る/金子千侍

鮑先生赤子の寒き耳を診る/田中裕明

初暦人診る日々に古りはじむ/新明紫明

秋潮に揺れつゝ船の家族診る/元島君子

竜淵に潜む面持ちして診られ/高澤良一

夕立に濡れたるまゝの患者診る/浦上新樹

感染を怖れて居れずコレラ診る/幸野梨杖

春寒く吃り打つ脈診られをり/石田あき子

死病診るや連翹の黄に励まされ/相馬遷子

泌尿器を診るに室津の梅活けて/品川鈴子

瓜の花手につけ農夫胸診られ/瀧澤伊代次

髪あかき女医に診られぬ日雷/大竹多可志

冬田へ透かし診る百姓の骨の写真/木村三男

垂れ下る糸瓜忌すぎし胃を診らる/萩原麦草

岐阜提灯まだ点らぬに診られけり/近藤一鴻

患者診るや外套敢へて脱がずして/相馬遷子

牛買ひも来てをり風邪の牛を診る/右城暮石

終戦日ノモンハン耳鳴りけふも診る/佐竹泰

俳句例:21句目~

風邪の牛診る灯をともす長コード/右城暮石

うつうつと鬱のお婆の風邪を診る/多田/薙石

嬰児診るや昼寝起こされし口むすび/相馬遷子

浴後なりセル着て診るも許されむ/下村ひろし

聖夜わがましろき胸を診られ臥す/鷲谷七菜子

賀辞述べし口開けられて咽喉診らる/槫沼清子

診られ来し寒夜呟くうるさきまで/赤城さかえ句集

椅子ひとつ青野に据ゑて牛を診る/大前貴之「雉俳句集」

タイトルとURLをコピーしました