名乗りを使用した俳句

名乗りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

名乗りを含む俳句例

旅人の互に名乗る夜寒哉/弄我

豆腐こそ名乗らね山は時鳥/浪化

一回も名乗りをあげず初句会/荒川実

卯吉の子卯一と名乗り鍬始/有馬正二

旧師には旧姓名乗り初電話/津幡龍峰

ほととぎす名乗れ男の節供草/水田正秀

初芝居坂田金平と名乗り出づ/岡本綺堂

名乗りあふ生国遠き遍路かな/堀/磯路

名乗れ名乗れ議案の数を時鳥/正岡子規

埼玉屋書店と名乗り掛を乞ふ/岸本尚毅

桃の花劉氏の裔と名乗りけり/寺田寅彦

水仙の里を名乗りて村ぐるみ/高澤良一

初電話子に新姓を名乗られて/秋月すが子

君知るや五条で名乗る小夜千鳥/水田正秀

夕陽子と名乗れる二月礼者かな/小林貴子

客あるじ名乗る旅寝や秋のくれ/水田正秀

宿借りて名を名乗らする時雨哉/松尾芭蕉

戸の口に宿札名乗れほととぎす/松尾芭蕉

押かけの客と名乗るや夕しぐれ/水田正秀

拙宗と名乗りし頃のかわせみ図/高澤良一

俳句例:21句目~

糸瓜忌や名乗らで帰る一作者/両角竹舟郎

蜩の名乗るが如く鳴きにけり/稲畑廣太郎

あけて今朝花と名乗りて立つや雲/水田正秀

熟麦蝉ここに名乗ればかしこにも/高橋睦郎

秋草の名乗りの穂なり吹かれけり/宮津昭彦

落ち合ひて新酒に名乗る医者易者/夏目漱石

君の名はと問はれて名乗る花野かな/渡邉紅華

木々おのおの名乗り出でたる木の芽かな/一茶

耶蘇名ルカ寒林ひびかせては名乗る/平畑静塔

タイトルとURLをコピーしました