仮寝を使用した俳句

仮寝に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仮寝を含む俳句例

故郷も今は仮寝や渡り鳥/去来

人の世の人の仮寝や置ごたつ/来山

残る虫仮寝の母子相抱く/石田波郷

窯守の仮寝の小屋へ雪女/高野千代

蝮酒飲んで仮寝や雨の杣/荻田小風

かたびらの身に冷じき仮寝かな/舞閣

外套のままの仮寝に父の霊/八田木枯

宿とりて春の夕の仮寝かな/正岡子規

旅籠屋に春の夕の仮寝かな/正岡子規

秋分の明るき昼の仮寝かな/山田葱風

酒臭き番屋に仮寝北しぶき/茨木和生

雨やむを待ちて仮寝の籠枕/鈴木花蓑

鮒鮓や仮寝の宿り雨となる/田中冬二

ゐのこ餅博多の仮寝馴れし頃/杉田久女

冬蝶と仮寝してゐる幼女かな/齋藤愼爾

懐中に椎の実のある仮寝かな/鳴戸奈菜

秋雨や灯の大駅に仮寝せる/大橋櫻坡子

菊枕ゆめにも呉れぬ仮寝覚め/石川桂郎

藺枕を投げ出すそこが仮寝所/高澤良一

雨合羽干して仮寝の鮭番屋/佐藤さき子

俳句例:21句目~

みじか夜を四郎兵衛が仮寐かな/高井几董

卯月紀伊国日中/仮寝寝耳に水/高柳重信

地震知らぬ春の夕の仮寝かな/河東碧梧桐

火の番の仮寝の牀の敷かれあり/三星山彦

花茣蓙の仮寝たのしむ帰国の子/和田祥子

通夜までの仮寝に匂ふ根深汁/辻前冨美枝

鮭小屋の仮寝の夜具か片まくり/大畑善昭

ひぢ見せて仮寝し給ふ寝釈迦かな/鈴木栄子

枇杷熟れて海女の仮寝の息ふかし/西村梛子

舟虫に仮寝の枕かへしけり/山本梅史「ホ誌雑詠選集」

タイトルとURLをコピーしました