割烹着を使用した俳句

割烹着に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

割烹着を含む俳句例

割烹着鶴の齢の都鳥/川崎展宏

囀や朝は真白の割烹着/松本美簾

初島田結ひて汚き割烹着/高濱虚子

割烹着まつさら鰆一尾かな/里見梢

割烹着着て出初式奉仕団/横山愛子

即売所梨売る人の割烹着/島田貞子

若水や糊ごは~の割烹着/吉屋信子

割烹着やうやく脱いで初鏡/吉屋信子

割烹着外せぬ母や草の餅/大場ひろみ

割烹着柱に掛けて去年今年/荒井貞子

夕焼雲ですよと妻の割烹着/向山隆峰

母の日の妻の真白き割烹着/伊東宏晃

風花や干されて暗き割烹着/竹内公子

ゆく春や身に倖せの割烹着/鈴木真砂女

冬菊にかがみてゐたる割烹着/石田郷子

割烹着四角にたたむ女正月/一橋アキ子

割烹着脱げば晴着や針供養/池上浩山人

短日をさばきてかける割烹着/赤岡淑江

酢の香して二月の白き割烹着/鈴木鷹夫

割烹着はづせば冬のバラに似て/京極杞陽

俳句例:21句目~

割烹着絶えず何処か落葉降る/猪俣千代子

歌留多よむことの上手な割烹着/石田郷子

真砂女亡し余寒へ晒す割烹着/山元志津香

菜種河豚糊の効きたる割烹着/梶山千鶴子

ひやゝかや割烹着著て何もせず/大場白水郎

割烹着ぬぐとき時雨きゝにけり/鈴木真砂女

割烹着の背あきの不安冬菜騰る/平井さち子

春めきやつけて身に添ふ割烹着/稲垣きくの

割烹着まるめて屠蘇を受けにけり/白岩てい子

割烹着似合ひたるかな真砂女の忌/鈴木としお

タイトルとURLをコピーしました