洗い鯉を使用した俳句

洗い鯉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

洗い鯉を含む俳句例

山中に身を養ふや洗鯉/森澄雄

日中の盃把りぬ洗鯉/尾崎紅葉

山々に花過ぎの風洗鯉/長谷川櫂

鳴神の窟暮れたり洗鯉/岡井省二

信心の山を下り来て洗鯉/森田公司

北信の宿の灯暗し洗鯉/岩崎源一郎

宿坊の二階がきしむ洗鯉/鈴木鷹夫

山国の水あらあらと洗鯉/黒木/胖

盆の客もてなす奈呉の洗鯉/山信夫

舟下り見ゆる席なり洗鯉/伊藤京子

越えて来し山々も昏れ洗鯉/桂信子

雄阿寒に長き夕映え洗鯉/奈良文夫

かりそめに妻が料理す洗鯉/大谷句仏

さらさらと山の風来る洗鯉/田村正義

悪友のほかに友なし洗鯉/亀田虎童子

昨日より今日を杳かに洗鯉/角川春樹

洗鯉に落つる葭簀の塵不問/高浜虚子

洗鯉天打つ風の吹く日なり/宮下歌梯

父と来し父のふるさと洗鯉/加藤覚範

直言にぬくもりありし洗鯉/小澤克己

俳句例:21句目~

稜線の昏れ残りゐる洗鯉/鈴木寿美子

花びらも一と日を過ぎぬ洗鯉/上村占

山の湯にあそびしあとの洗鯉/関戸靖子

普羅の忌の絵皿に透ける洗鯉/松本澄江

洗い鯉牧水泊めし日もかくや/太田光子

阿夫利嶺に雲の湧きつぐ洗鯉/奈良英子

みづうみに雨がふるなり洗鯉/上田五千石

洗鯉跳ねんばかりに盛られたる/木戸一子

洗鯉一つ残して山を見る/小笠原和男「放下」

はるかより年忌来りて洗鯉/吉本伊智朗「柝頭」

伊那節は父のおはこや洗鯉/吉田はる「門前仲町」

タイトルとURLをコピーしました