賽銭を使用した俳句

賽銭に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

賽銭を含む俳句例

初詣賽銭箱の大きさよ/千才治子

賽銭の両替所あり鰯雲/小嶋昭風

賽銭を落して払ふ落葉かな/去来

十月の賽銭箱を蝮出づ/福田甲子雄

星めがけて賽銭投げぬ初詣/青陽人

樫鳥や開龕に置く小賽銭/北野民夫

滝神に飛ばす賽銭花の雲/高井北杜

賽銭の跳ねて転げし初戎/佐藤瑞穂

賽銭の響きゆゆしき初詣/伊藤セキ

賽銭を手裏剣投げに初詣/木田千女

きらきらと賽銭舞へり初戎/金田初子

小春日の賽銭泥棒騒ぎかな/津幡龍峰

神無月賽銭箱はなかりけり/正岡子規

賽銭のひゞきに落る椿かな/正岡子規

賽銭の椽にこぼるゝ彼岸哉/正岡子規

賽銭の飛礫見てゐる寒鴉/佐々木美代

わが肩に降る賽銭の春日かな/久米正雄

七五三気ばってあげるお賽銭/高澤良一

地蔵会や漏斗を据ゑて賽銭箱/西山泊雲

賽銭が秋の奈落を泣かせけり/渡辺恭子

俳句例:21句目~

賽銭の音のまさしく師走かな/飯田龍太

賽銭を借りての祈り梅匂ふ/藤井つな子

賽銭を餓鬼のかすむる祭かな/森川暁水

賽銭箱と一帆むすび黄金虫/磯貝碧蹄館

閻王に賽銭投げて店ひらく/佐々木麦童

除夜詣投げ賽銭の鳴りどほし/高濱年尾

佛足石に賽銭を置く冷えまさり/川崎展宏

被官稲荷賽銭一音ずつの冬芽/敷地あきら

賽銭を投げて子供がしぐるゝよ/長谷川双

賽銭箱をボール往来し春休み/猪俣千代子

藪尻の賽銭箱や春の雨/一茶/文化十一年甲戊

タイトルとURLをコピーしました