古江を使用した俳句

古江に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

古江を含む俳句例

里過て古江に鴦を見付たり/蕪村

万葉の古江の春や猫柳/水原秋櫻子

獺祭古江に馴れし家二軒/佐藤紅緑

等閑に杜若咲く古江かな/高井几董

初詣古江の廬火なほ燃えて/村田眉丈

夏蝶や古江浪立ちタブの蔭/前田普羅

竹瓮舟古江に浮ける兼山忌/高橋柿花

逝く春の古江に古き仏栖む/佐野美智

飛の和寇古江を目指し跳ぶ/中尾無涯

鴫立ちてゆふ風わたる古江かな/闌更

古江這ふ火の美しき二月かな/山本洋子

春一番真間の古江の浪立てる/石井桐陰

時計鳴る秋の古江の中二階/大峯あきら

校倉をめぐる古江の菖蒲かな/麻田椎花

水鳥の水にしたしき古江かな/五車反古

畳掃く音ある秋の古江かな/大峯あきら

荻映り古江は暮れてゆくばかり/岩田潔

蓴菜を里人知らぬ古江かな/大須賀乙字

藻の上に沢蟹遊ぶ古江かな/高橋淡路女

蘆芽ぐむ古江の橋を渡りけり/杉田久女

俳句例:21句目~

えり挿しや菰の古江に舟入れて/高野素十

はまなすの古江細江に加賀言葉/前田普羅

五月雨やおのづと思ふかの古江/尾崎迷堂

十五夜の月浮いてゐる古江かな/村上鬼城

夕しぐれ古江に沈む木の実かな/黒柳召波

暮ぬとていなづま落す古江かな/加舎白雄

水ぎはもなくて古江のしぐれ哉/蕪村遺稿

じゅん菜を里人知らぬ古江かな/大須賀乙字

うき草のそぞろに生ふる古江かな/高浜虚子

乗込みの切にさざめく古江かな/阿波野青畝

タイトルとURLをコピーしました