敷居を使用した俳句

敷居に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

敷居を含む俳句例

唐紙や敷居の細道蔦葛/露甘

柱立ち敷居流れて盆の家/岡本眸

蜩の敷居に坐る子供かな/山西雅子

運悪く敷居に正座沢庵忌/谷下一玄

代り来て敷居に坐る女かな/角田竹冷

庫裡暗し落花閃々敷居越す/福田蓼汀

薬喰敷居の溝の減りゐたり/小川軽舟

襖なき敷居を四方に夏座敷/吉屋信子

ぶちぬきの部屋の敷居や櫻鍋/綾部仁喜

冬すみれほどの敷居の高さなる/梅田津

守宮落つ敷居大きく跨ぎけり/中村芳枝

旧正の敷居ぐちまで雉子の綺羅/藤田寒

稲を刈る風の眩しき敷居村/風間ふく子

船虫の敷居にをりぬ原子炉港/松山足羽

若竹や敷居拭かれて真一文字/今村俊三

虚空蔵寺見え敷居まで繭の山/宮坂静生

里神楽神代へ敷居ひと跨ぎ/斎藤由美子

露涼し戦信敷居の上に来る/加倉井秋を

元日の敷居に腰掛けてをりぬ/加倉井秋を

喪の家や敷居の雪を戸が滑る/竹鼻瑠璃男

俳句例:21句目~

夏鴨へくらき敷居を跨ぎけり/摂津よしこ

敷居吹く風を見てをり昼寝覚/古賀まり子

敷居越え豆腐のしづく初つばめ/北野平八

梅干して敷居に本の伏せてありぬ/岡本眸

母の言ふこの家の敷居秋うらら/辻美奈子

聴秋閣の敷居にかけて落花見る/原コウ子

除夜の鐘敷居の上に立ちしとき/高室呉龍

こほろぎや病師うかがふ敷居ごし/石原舟月

陽炎に敷居を越る朝日哉/一茶/寛政五年癸丑

陽炎や敷居でつぶす髪虱/一茶/文化十二年乙亥

タイトルとURLをコピーしました