胸元を使用した俳句

胸元に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

胸元を含む俳句例

滝走り来て胸許に青む淵/原裕

胸もとに鍵の鈴鳴る花衣/井上雪

穂芒の翳胸もとに刻忘る/西村公鳳

炎昼の胸もと暗く茄子炒め/菖蒲あや

胸もとに筍の荷の梶上下/中戸川朝人

胸もとの艶なる女礼者かな/堤俳一佳

胸もとへ闇ゆるやかに秋袷/坂巻純子

菊人形の胸もと深く水注ぐ/百崎左人

辛夷咲き胸もと緩し人妻は/中村苑子

胸許へ風を宥して夏花摘/櫛原希伊子

毛糸玉膨らむ妻の胸もとに/冨田みのる

煮凝を胸もと暗く食べている/保坂聖史

胸もとに雨月あかりを漂はせ/平畑静塔

胸もとの花咲き出でし菊人形/平野桑陰

胸もとを鏡のごとく日向ぼこ/大野林火

菊人形胸もと花のやや混みて/福永耕二

菊人形胸もと菊のやや混みて/福永耕二

久女忌の雪胸もとに露天風呂/後藤杜見子

受くべしや白菜は汝が胸もとへ/林原耒井

岳あふぐ胸もとに露かぎりなし/堀口星眠

俳句例:21句目~

春ショール胸もと騒ぐ海の前/猪俣千代子

毒消売安全ピンで胸もと守り/加倉井秋を

胸もとに燭持してみなイブの友/荒井正隆

胸もとの明るく人等焚火燃ゆ/成瀬正とし

防風を掘るに胸もと低くしぬ/蓬田紀枝子

胸もとにみずうみ匂ふ星まつり/加藤三七子

胸もとに夕日の早稲を分けて出づ/赤堀碧露

胸もとの少しよごれて著ぶくれて/下田実花

胸もとに蟲の入りたる浴衣かな/久保田万太郎

霜夜逢へばいとしくて胸もとのさま/中塚一碧樓

タイトルとURLをコピーしました