隧道を使用した俳句

隧道に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

隧道を含む俳句例

隧道の上に一字春祭/茨木和生

隧道の中も勾配雪国は/茨木和生

隧道や氷柱の下り石佛/寺田寅彦

隧道を出でゝ十里の青田哉/斜汀

隧道に空つ風抜け新任地/岡島鈴子

隧道の南下りや梅匂ふ/中戸川朝人

隧道の口のつよしや更衣/宮坂静生

隧道の筒風と来て初燕/中戸川朝人

隧道を出て豊年の無限大/清水昇子

雪中の隧道の口黒くあり/秋山未踏

五月闇天城隧道ランプ点く/岡田有峰

更待の月の隧道ひびきけり/辰野利彦

隧道に風鈴売の入りにけり/菅原鬨也

隧道の口に大なる氷柱かな/夏目漱石

隧道の果が海見す五月の蒼/河野南畦

隧道を浜辺へ出づる月夜哉/寺田寅彦

潮浴びや隧道ぬけて荻の路/楠目橙黄子

立春のこだま隧道抜けてくる/田山諷子

隧道なか坐席疾走しぼくら青春/上月章

隧道のはるかに人の声すゞし/正岡子規

俳句例:21句目~

隧道のはるかに人の影すゞし/正岡子規

隧道の夜涼髪の毛痛きまで/榎本冬一郎

隧道を出でていきなり威銃/五十嵐直子

隧道を抜けてあらたの蝉時雨/甲斐誠夫

隧道出づ一面ヨット畑かな/にいざ蚯蚓

孤児園は長き隧道冴え返る/鍵和田ゆう子

隧道にうしろから吹く風すゝし/正岡子規

秋には癒えよ螻蛄がせつせと隧道掘る/磯貝碧蹄館

隧道より蝶が出てくる親不知ゆくえもしらぬ夏の末方/岡部桂一郎

わがくらき腑をつらぬける隧道よゆきゆきて冬の海に出会ひき/喜多弘樹

タイトルとURLをコピーしました